コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練馬大根 ネリマダイコン

デジタル大辞泉の解説

ねりま‐だいこん【練馬大根】

ダイコンの一品種。全体に太く、長さ60センチにもなり、たくあん漬けなどにする。東京都練馬区東南部で産した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねりまだいこん【練馬大根】

ダイコンの一品種。根は円柱形で長い。東京都練馬区付近に多産した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

練馬大根[根菜・土物類]
ねりまだいこん

関東地方、東京都の地域ブランド。
練馬区で生産されている。江戸時代の元禄期から栽培されるようになった。1945(昭和20)年頃まで全国を代表する大根産地として有名であった。その後、栽培が減少。練馬ではキャベツ栽培が主となった。現在では練馬区の事業や体験事業などで栽培されている程度で、市場出荷はされていない。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

練馬大根の関連キーワード鹿島 安太郎三浦だいこん鹿島安太郎伝統野菜ダイコン関東地方石神井ねり丸地野菜多産

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

練馬大根の関連情報