盤領(読み)あげくび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盤領
あげくび

上頸とも書く。日本服飾史用語で,丸いのこと。首に沿って襟を上げて着ることからこう呼ばれた。垂領 (たりくび) の対語。6世紀の人物埴輪に多くみられるが,遺物としては正倉院宝物 (ほう) がある。男子装束の袍はほとんどこの系統に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あげ‐くび【盤領/上×頸】

袍(ほう)襖(あお)のような盤領(まるえり)の形式。頸上(くびかみ)のひもを懸け合わせてとめる。→垂領(たりくび)

ばん‐りょう〔‐リヤウ〕【盤領】

袍(ほう)・襖(あお)などの襟を、下前(したまえ)から上前にかけてまるく仕立てる様式。あげくび。円領(えんりょう)。まるえり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盤領
あげくび

衣服の襟の形式の一種。いわゆる詰め襟で、首の回りを囲む丸首式のもの。古墳時代の人物埴輪(はにわ)の衣服にもみられる。また、奈良時代のイラン系の唐風衣服で、袍(ほう)や襖(あお)といわれる上着や、それらが平安時代に和様化した束帯(そくたい)や衣冠などの上着である袍や直衣(のうし)、狩衣(かりぎぬ)、水干(すいかん)、褐衣(かちえ)、退紅(たいこう)、白張(はくちょう)などは盤領式である。なお盤領に対して、襟が斜め、または垂直に垂れた形式のものを垂領(たりくび)とよんでいる。概して上着系統のものに盤領、内着や下着系統の衣服に垂領が用いられた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の盤領の言及

【襟∥衿】より

…古代中国では首のまわりを領,胸前を襟または衽,これを結び合わせる紐を衿というように,文字を使い分けた。日本の衣服は襟ぐりの形によって,丸首型を盤領(あげくび),交差型を垂領(たりくび)と称したが,中国や朝鮮ではさらに細かく分けて,曲領,直領,円領,団領,交領,対領などの区別がある。垂領の襟はV字状に交差させ打ち合わせるが,自分からみて左の衽(おくみ)を右の上に重ねる着方を右衽(うじん)(右前ともいう。…

※「盤領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android