コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織部流 オリベリュウ

大辞林 第三版の解説

おりべりゅう【織部流】

茶道流派の一。古田織部を開祖とする。利休流をもととし、武人好みの茶風。のち、遠州流などの流派を生み出す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

織部流
おりべりゅう

千利休(せんのりきゅう)の高弟古田織部を流祖とする茶道の流派の一つ。利休の跡を受けて茶道界随一の大宗匠となり、徳川2代将軍秀忠(ひでただ)の茶道役に上った織部は、門弟として小堀遠州、永井信斎、佐久間将監(しょうげん)、清水道閑、舟越伊予守(いよのかみ)などの多くを輩出したが、徳川軍への謀反という罪状で自刃し、利休と同じ運命をたどったために、その門流を正しく伝えることができなかった。しかし豊後(ぶんご)(大分県)岡城中川藩(竹田市)の家老職を継承してきた古田家は、14世宗閑(そうかん)の代に明治維新を迎えたため、東京に出て流儀の立て直しを図った。現在は大分県を中心に九州地方で存続している。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

織部流の関連キーワード古田斎宮(4代)古田斎宮(2代)古田斎宮(初代)古田斎宮(3代)神尾元珍小堀遠州伊達道作遠州流宗和流利休流織部形茶道開祖

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織部流の関連情報