コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)置く/差し措く サシオク

デジタル大辞泉の解説

さし‐お・く【差(し)置く/差し措く】

[動カ五(四)]
そのままにしておく。放っておく。また、あとまわしにする。「その話は―・くとして」「何を―・いてもその会には出席したい」
当然考慮すべき人物などを無視する。なおざりにする。「担当責任者を―・いて商談を進める」
差し出して置く。
「藤大納言の御もとに、この返しをして、―・かせたれば、すなはちまた返しておこせ給へり」〈・一三八〉
[可能]さしおける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android