コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅布麻茶 らふまちゃ

1件 の用語解説(羅布麻茶の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

らふまちゃ【羅布麻茶】

羅布麻(らふま)は中国西部に自生するキョウチクトウ科の植物で、その若葉を蒸して乾燥させたものが、お茶の代用として古くから飲まれていました。おもな生育地の名をとって羅布麻茶と名付けられましたが、燕龍(ヤンロン)茶とも呼ばれています。近年になって研究がすすみ、その薬理効果が日本でも注目されはじめています。
○栄養成分としての働き
 羅布麻には毛細血管を強くするルチンや、血圧を下げる塩化カリウム、d―カテキンなどのほか、グルタミン酸、ケルセラチンをはじめとする多くのフラボノイド、多糖体、ミネラルが含まれています。ケルセラチンには血圧を下げる作用もあり、これらの働きで血中のコレステロールを減らし、高血圧を改善します。また免疫力を高め、かぜやぜんそく気管支炎の症状緩和に効果があります。
 羅布麻は抹茶と比べて鉄分は4倍、カルシウムは3倍とミネラルが豊富なうえ、カフェインを含まないので、安眠を妨げません。さらに最近の研究では、酵素の働きを高めて代謝を活発にする作用があることがわかり、ダイエットにも期待が寄せられています。
 羅布麻からは、やわらかくて強い繊維がとれます。これを衣料に使った場合も、血圧を下げ、気管支炎やぜんそくの症状をやわらげる作用が認められています。
○注意すべきこと
 羅布麻茶を飲んで食欲不振や胃痛、下痢などになった症例が報告されており、冷え症や胃腸の弱い人には適していません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

羅布麻茶の関連キーワードブラフマーブラフマンプリムラ野草雲仙躑躅大黄ブラフマサマージ羅布小楢シンフォリカルポス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone