コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅盤 ラバン

占い用語集の解説

羅盤

家の向きや、その立地環境を計測するための道具。計測のほかに地場のエネルギーを調節する働きもあるとされている。羅盤には、流派によって「三元盤」と「三合盤」の二種類の盤がある。また、八卦・十干十二支二十四節気など数多くの記号が記されており、お経のように見えることから別名「羅経(らけい)」とも呼ばれる

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羅盤の関連情報