コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風水説 フウスイセツ

デジタル大辞泉の解説

ふうすい‐せつ【風水説】

中国の伝統的な自然観の一。都市や住宅・墳墓などを造る際に、地勢方位地脈陰陽の気などを考え、そこに生きる者とそこで死んだ者すべてによい自然環境を求めようとするもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

風水説【ふうすいせつ】

漢民族の文化に起源を持つ,環境と人間の相関関係に関する思想。〈生気〉という神秘力は人間と感応すると吉福をもたらすとされる。そこで,地形,風や水の流れ,さらに陰陽五行説や方位等を判断することにより,〈生気〉が集中しかつ淀みなくめぐる所に生活空間や祖先の墓を設けようというもの。
→関連項目家相宗族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうすいせつ【風水説】

中国で秦・漢時代から伝承されてきた術数の一派。堪輿,地理,青烏などの別称がある。その原理は,人間に及ぼす地気の作用を信じ,山脈,丘陵,水流などの地勢を観察して,さらに陰陽五行や方位(青竜=東,朱雀=南,白虎=西,玄武=北)をも考え合わせ,その最も吉相と見られる地を選んで,これに都城,住居,墳墓をつくらせる地相学宅相学墓相学で,生人の住居の場合を陽宅,墓地の場合を陰宅とよぶ。とくに陰宅を重視し,最良の地を選んで父祖を葬れば,祖霊が安定するだけでなく,その一家一族が繁栄して,子孫の中から科挙合格者や高位高官の者を出すであろうと説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風水説
ふうすいせつ

陰陽地理説」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風水説
ふうすいせつ

風水とは東アジアにおける一種の自然観・環境観をさし、その独特な環境判断や測定術を風水説という。古代中国に発し、現代東アジア、東南アジアその他にも影響が及ぶ。中国殷(いん)周代の卜宅(ぼくたく)、周春秋戦国時代の地理・相宅、漢代の堪輿(かんよ)などにその淵源(えんげん)が求められる。風水が定義づけられたのは、晋(しん)代の文人郭璞(かくはく)の書だと仮託された『葬経(そうけい)』からである。風水とは風と水であり、気の動きを操作する地理的条件をいった。時代により風水術、相地術、堪輿学、地術などとよばれ、判断の専門家を風水師、地理師、陰陽師(おんみょうじ)、地師、地官などと称した。現代中国では地方により、風水先生、地理先生、陰陽先生、南蛮子などとよんでいる。
 風水説の特徴は、(1)環境が人間や死者(祖先)に対して強い影響を及ぼすとすること、(2)その影響が地形、水流、気候、地質、植生などの自然環境と、陰陽(おんみょう)、五行、八卦(はっか)、天干地支などの宇宙の運行との相関性をもって及ぶとすること、(3)さらにその影響が、現世の人間や未来の子孫に対し吉凶禍福を伴って現れるとすることにある。したがって環境からの好影響を得たいのなら、死者や人間に好影響を与える気(生気)を確保して、悪影響を与える気(殺気)を除去する環境と生活空間を構築する必要がある。
 判断の対象は、大別して陰宅風水(墓地風水、墓相)と陽宅風水(住宅風水、家相)の2種がある。風水説が普及してのちは陰宅風水が陽宅風水に優り、風水説といえば通常陰宅風水の判断法をいう。陽宅風水は室内インテリア風水と、外観を構成するエクステリア風水に2大別できる。エクステリア風水はさらにコミュニティ(都市・村落)風水と家宅風水(家相)に分けられる。東アジア諸国では、風水判断はしばしば国策として実施されてきた。中国の都市や陵墓など、韓国の都市や王陵など、沖縄の都市・村落などの建設立地や移動にあたっては、官僚による判断がたびたび実施された。また現代においても東アジア各地では墓相が重視され、墓地環境の好悪が子孫の禍福を支配するものとされる。子孫の繁栄・財力の豊かさ、長寿はみな、墓地の好風水の影響によるものだと説明される。また家相は現世の人間生活の禍福を左右すると考えられており、家屋の建設前に風水師のほか易者やシャーマンまでが、依頼に応じて風水を判断している。[渡邊欣雄]
『渡邊欣雄著『風水思想と東アジア』(1990・人文書院) ▽渡邊欣雄・三浦國雄編『風水論集』(1994・凱風社) ▽牧尾良海著『風水思想論考』(1994・山喜房仏書林) ▽何暁著、宮崎順子訳『風水探源』(1995・人文書院) ▽崔昌祚著、金在浩・渋谷鎮明訳『韓国の風水思想』(1997・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の風水説の言及

【気】より

…そのコースを〈地脈〉という。風水説では,この地脈を〈竜〉とよび,そのなかでも生気のわだかまる所を特に〈穴〉とよび,そこに墓を営むと生気が死者の肉体を媒介にして子孫に感応し,その家は栄えるという。このように大地は,気というエネルギーに充たされた,一個の巨大な生命体と考えられていたのである。…

【住居】より

…ここに,東方に原初の活力と聖性を認める彼らの世界像と住居構成のつながりの一つを見ることができる。インドにおいて,住居から都市までその建設の指針とされてきたシルパシャーストラ(《マーナサーラ》)や中国の風水説では,住居をミクロコスモスと考え,人体とも対応する宇宙(マクロコスモス)を反映するしかけとして説いている。無文字社会においても,バリ島やアイヌの住居に見るように,海と山,天と地,あるいは川上と川下といった方向軸に沿った民俗方位が発達し,住居はそこで世界の中心として位置づけられ,コスモス・イメージ(宇宙像)を演出する場となる。…

【墓】より

…個々の墓地の選定に関しては,《孝経》喪親章に〈其の宅兆を卜(ぼく)して之を安措(あんそ)する〉と言明されているように,慎重に占われた。そして,後漢の袁安の有名な話に代表されるように,やがて墓地の位置と子孫の繁栄を結びつける風水説が生まれ,墓地に対する人々の関心をいっそう強くした。風水の言葉からもわかるように蔵風得水する場所が好まれ,墓地としては前に水が流れ後ろに山を控えた地形が理想とされた。…

【村】より

…そのなかで,火田(焼畑)の伝統を有したむらは深い山間部にあり極端な散村形態を示す点でユニークな存在である(火田民)。むらの立地面でもかつては風水(風水説)が村人の生活の隅々を左右するものとして重視され,背山臨流や蓮花浮水型などの佳地を選んだといわれ,またむらに災害や伝染病が続いたりした際に風水上の支障があると判定されたためむらを移したという伝承も多い。あるいは風水上の欠点をカバーするためむらの境に立石や石積みの塔を築いたり樹木を植えたりすることもあり,ときにはこれが,隣むらとの紛争の種となることもあった。…

※「風水説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風水説の関連キーワードケリョン(鶏竜)山新羅(しらぎ)チャンスン中国建築朝鮮民族春財布昭陵道詵風水

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android