コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羈束力 きそくりょく Verbindlichkeit; Bindungskraft

2件 の用語解説(羈束力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羈束力
きそくりょく
Verbindlichkeit; Bindungskraft

いったん行われた裁判はその裁判を行なった裁判所を拘束し,のちに勝手に取消し,変更すること (撤回) ができないとされること。裁判の自縛性,自己拘束力ともいう。羈束力が認められなければ裁判による権利関係の確定が困難になるうえ,裁判の信用にもかかわるからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きそく‐りょく【×羈束力】

裁判が、その言い渡しをした裁判所に対してもつ拘束力。裁判所は一旦言い渡した判決などを自ら取り消したり、撤回したりできないこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羈束力の関連キーワード裁判籍少年裁判所弾劾裁判所一審原審単独制裁判所判士裁判管轄権政治裁判区裁判所

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone