コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美しく青きドナウ ウツクシクアオキドナウ

4件 の用語解説(美しく青きドナウの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつくしくあおきドナウ〔うつくしくあをき‐〕【美しく青きドナウ】

《原題、〈ドイツAn der schönen, blauen Donauヨハンシュトラウス2世作曲のワルツ。1867年作。初め男声合唱曲として作られ、のちに管弦楽用に編曲。ウィンナワルツの代表作。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

美しく青きドナウ

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の管弦楽によるワルツ(1867)。原題《An der schönen, blauen Donau》。男声合唱付き管弦楽曲として作曲されたが、管弦楽器用に編曲された。『ウィーンの森の物語』とともに最も有名なウィンナワルツとして知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うつくしくあおきドナウ【美しく青きドナウ】

ヨハン=シュトラウス二世の最も有名なウインナ-ワルツ。はじめ男声合唱曲として作曲(1867年)、のち、管弦楽用に編曲。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美しく青きドナウ
うつくしくあおきどなう
An der schnen, blauen Donau

ヨハン・シュトラウス2世(ワルツ王)が1867年に作曲したウィンナ・ワルツ(作品314)。その前年オーストリアプロイセン・オーストリア戦争に敗れ、かつてのウィーンの栄光は色あせてしまった。人々は苦悩と失意のうちにあり、国を憂うシュトラウスは、ドナウの流れをたたえたカールベックの詩に感動し、敗戦の痛手をいやし人心を鼓舞するようなワルツの作曲を思い立った。この詩の最終行を題名として、合唱付きワルツを作曲、すぐに管弦楽用に書き直し、大好評を博した。以来『ウィーンの森の物語』(1868)とともに、もっともポピュラーなワルツとして名をはせ、母国の自然をたたえる曲の性格から、現在では「オーストリアの第二国歌」とまでいわれている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

美しく青きドナウの関連キーワード北尾次郎美しく青きドナウピピン失踪者ことの次第タンホイザードクトル・マブゼピピン[3世]ブルクマンシュレッティンガー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美しく青きドナウの関連情報