美和山古墳群(読み)みわやまこふんぐん

国指定史跡ガイドの解説

みわやまこふんぐん【美和山古墳群】


岡山県津山市二宮にある古墳群。津山市街地の西方の丘陵上にあり、大型の前方後円墳1基、円墳2基で構成されている。築造は4世紀と考えられる。宅地造成計画がもち上がり、1977年(昭和52)に急遽、国の史跡指定を受けて保存が図られた。指定面積は約3万m2で、その後、津山市の公有地となった。北から、1号墳、2号墳、3号墳と呼ばれている。1号墳は墳長約80mの前方後円墳で、胴塚とも呼ばれる。後円部直径が約48mあり、前方部の占める比率は比較的小さく、墳丘上には河原石を用いた葺石(ふきいし)が認められ、墳丘の形状がよく残っている。2号墳は径約34mの円墳で、蛇塚(じゃづか)とも呼ばれ、葺石基底部の石積みがみられる。3号墳は径約38mの円墳で、耳塚とも呼ばれ、東端部は一部消失しているが、墳丘は本来の形をよく残している。古墳群の出土品として、へら描き文様の埴輪(はにわ)破片などがある。現在は、古墳公園として見学路などが整備されている。JR姫新線院庄駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android