蛇塚古墳(読み)へびづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

へびづかこふん【蛇塚古墳】


京都府京都市右京区太秦面影(うずまさおもかげ)町にある古墳。6世紀代以降の古墳が集中する山城盆地の嵯峨(さが)・太秦地域に位置し、古墳群の中心となるのがこの蛇塚古墳と天塚(あまづか)古墳、清水山(しみずやま)古墳の3つの前方後円墳である。蛇塚古墳は京都府下で最大規模の後期古墳で、巨石を用いた横穴式石室があることで知られる。1920年(大正9)ごろまでは墳丘の一部を残していたが、現在は石室だけになり、前方部を西南方に向けた全長約75mの前方後円墳と推定されている。石室は後円部に設けられて東南方に開口し、羨道(せんどう)を含めた石室の全長は17.8m、玄室は奥行き6.8m、幅3.8m、高さ5mを超える。側壁、奥壁とも2~3段に巨石を用いており、天井石は一石を除いて失われている。この古墳の石室は奈良県の石舞台(いしぶたい)古墳などと比較されるもので、7世紀代のものとみられる。代表的な巨石を用いた石室としてだけではなく、山城の地に繁栄した秦(はた)氏などとの関連を考えるうえでも重要な古墳であることから、1977年(昭和52)に国の史跡に指定された。京福電鉄帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から徒歩約7分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android