コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃部 達吉 ミノベ タツキチ

20世紀日本人名事典の解説

美濃部 達吉
ミノベ タツキチ

明治〜昭和期の憲法学者,行政法学者 枢密顧問官;貴院議員(勅選);東京帝大教授。



生年
明治6年5月7日(1873年)

没年
昭和23(1948)年5月23日

出生地
兵庫県加古郡高砂(現・高砂市)

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔明治30年〕卒

学位〔年〕
法学博士

経歴
日本における立憲主義的公法学の確立者。明治30年内務省に入るが、1年で辞して東大大学院学生となり、比較法制史の研究に従事。ドイツ留学を経て、33年東京帝大助教授、35年教授となる。36年より高等文官試験委員、帝国学士院会員、法制局参事官などを歴任。選挙法改正など立法にも関与した。大正末期以来、治安維持法を非難し、ロンドン軍縮条約批准を支持。昭和7年貴院議員に勅選されたが、帝人事件捜査の人権侵害を批判したため右翼勢力の攻撃を受けたほか、10年には天皇機関説で告訴され、著書「憲法撮要」などの発禁処分を受けて議員を辞職。天皇機関説とは主権(統治権)の主体は天皇ではなく、法人としての国家であり、天皇はただその機関としてこれを総攬しているというもの。戦後は21年に枢密顧問官に任命され、日本国憲法の審議に参与、選挙管理委員会委員長などを務めた。「日本国法学」「行政法撮要」「憲法講和」「法の本質」「日本行政法」「日本国憲法原論」など多数の著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

美濃部 達吉
ミノベ タツキチ


肩書
枢密顧問官,貴院議員(勅選),東京帝大教授

生年月日
明治6年5月7日

出生地
兵庫県加古郡高砂(現・高砂市)

学歴
東京帝大法科大学政治学科〔明治30年〕卒

学位
法学博士

経歴
日本における立憲主義的公法学の確立者。明治30年内務省に入るが、1年で辞して東大大学院学生となり、比較法制史の研究に従事。ドイツ留学を経て、33年東京帝大助教授、35年教授となる。36年より高等文官試験委員、帝国学士院会員、法制局参事官などを歴任。選挙法改正など立法にも関与した。大正末期以来、治安維持法を非難し、ロンドン軍縮条約批准を支持。昭和7年貴院議員に勅選されたが、帝人事件捜査の人権侵害を批判したため右翼勢力の攻撃を受けたほか、10年には天皇機関説で告訴され、著書「憲法撮要」などの発禁処分を受けて議員を辞職。天皇機関説とは主権(統治権)の主体は天皇ではなく、法人としての国家であり、天皇はただその機関としてこれを総攬しているというもの。戦後は21年に枢密顧問官に任命され、日本国憲法の審議に参与、選挙管理委員会委員長などを務めた。「日本国法学」「行政法撮要」「憲法講和」「法の本質」「日本行政法」「日本国憲法原論」など多数の著書がある。

没年月日
昭和23年5月23日

家族
長男=美濃部 亮吉(東京都知事) 妻=美濃部 民子(菊池大麓の二女) 兄=美濃部 俊吉(朝鮮銀行総裁)

資格
?国学士院会員〔明治44年〕

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

美濃部 達吉 (みのべ たつきち)

生年月日:1873年5月7日
明治時代-昭和時代の憲法学者;行政法学者
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

美濃部 達吉の関連キーワード天皇機関説事件と戦前の大学への言論弾圧事件フランク・O. ミラー天皇機関説テロ事件大正デモクラシー上杉=美濃部論争天皇機関説事件江藤 源九郎国体明徴運動国体明徴問題一条 実孝田中 二郎江藤源九郎美濃部洋次木村 尚達美濃部亮吉佐々木惣一江草 重忠国体明徴蓑田胸喜滝田樗陰

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃部 達吉の関連情報