コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃高原 みのこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美濃高原
みのこうげん

岐阜県南東部に広がる高原。美濃三河高原北部にあたり,東部は木曾山脈にかぎられ,南部は三河高原西部両白山地に,北部は飛騨山地南部に続く。全体的に北東部に高く,南西に低下し,濃尾平野に接する。木曾川,益田川などは高原を深く刻み込んで峡谷をなすが,高原上は比較的起伏が少なく,畑や低いところは水田としても利用される。地質はおもに花崗岩類,斑岩系火成岩よりなり,西部は秩父古生層よりなる。一部に新第三紀層もみられ,多くの動植物の化石が発掘され,特にデスモスチルスの化石は有名。また,豊富な陶土が埋蔵され,日本有数の陶磁器生産地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

美濃高原の関連キーワード阿寺断層恵那峡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android