コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽柴秀勝(1) はしば ひでかつ

1件 の用語解説(羽柴秀勝(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽柴秀勝(1) はしば-ひでかつ

1568-1586* 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)11年生まれ。織田信長の4男。羽柴(豊臣)秀吉の養子。山崎の戦いで秀吉とともに明智光秀をやぶる。大徳寺での信長の葬儀では喪主をつとめ,光秀の旧領丹波亀山(京都府)の城主となる。賤ケ岳(しずがたけ)の戦い,小牧・長久手の戦いに出陣。天正(てんしょう)13年12月10日病死。18歳。幼名は於次(おつぎ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

羽柴秀勝(1)の関連キーワード織豊時代安宅康重宇久競大関清増児玉就方佐知景則志賀親守島津久豊(2)田野辺重之原田隆種

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone