コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽豆岬 はずみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽豆岬
はずみさき

愛知県知多半島南端の岬。南知多町に属し,三河湾国定公園の中にあって,篠島,日間賀島,渥美半島伊良湖岬,神島,答志島,志摩半島をのぞむことができる景勝の地。岬は海崖をなし,ウバメガシビャクシン,トベラなどの常緑広葉樹が境内をおおう羽豆神社の社叢は 1934年に天然記念物に指定された。特にウバメガシの風衝樹形がつくるトンネルは有名。岬の東部は埋立てられて伊良湖岬へのフェリーの発着地となり,観光センターがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕羽豆岬(はずみさき)


愛知県南部、知多(ちた)半島南端の岬。半島先端近くの師崎(もろざき)港からさらに南へ隆起海食台が500m延びる。羽豆神社社叢(しゃそう)のウバメガシの森は国指定天然記念物。展望台から沖に浮かぶ篠(しの)島・日間賀(ひまか)島・佐久(さく)島などの眺望がよい。三河(みかわ)湾国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽豆岬
はずみさき

愛知県知多(ちた)半島南端にある岬。師崎(もろざき)から南500メートルに位置する。式内社羽豆神社の社叢(しゃそう)は暖地性植物の自生地で国の天然記念物に指定されている。後方には熱田(あつた)大宮司千秋昌能(せんしゅうまさよし)の築城になる羽豆城跡がある。昌能は南朝方で、伊勢(いせ)を通じて吉野への物資を補給した。師崎港は尾張(おわり)藩船奉行(ぶぎょう)千賀(せんが)氏の根拠地で海上交通の要地。現在も三河湾国定公園の観光拠点である。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

羽豆岬の関連キーワード隆起海食台佐久師崎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android