コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

答志島 とうしじま

7件 の用語解説(答志島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

答志島
とうしじま

三重県東部,伊勢湾の湾口部にある島。鳥羽市に属する。周囲約 26.3km。東西に細長く,東に答志,西に桃取の2地区 (旧村) がある。周辺は沿岸漁業の好漁場で,海女によるアワビサザエワカメなどの採取,揚繰網漁が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうし‐じま〔タフシ‐〕【答志島】

三重県東部、鳥羽市北東部にある島。鳥羽湾中最大の島。面積7.2平方キロメートル。平地が少なく丘陵地がほとんどで、最高地点は167メートル。海女(あま)によるアワビ・サザエ・ワカメの採集、真珠・ノリ・ハマチの養殖が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

答志島【とうしじま】

三重県鳥羽市,市街北東方に浮かぶ島。面積6.96km2。柿本人麻呂の詠んだ〈手節の埼〉とされ,江戸時代には船250を数え,タイ・ワカメ・アワビなどを納めた。
→関連項目伊勢志摩国立公園鳥羽[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうしじま【答志島】

三重県東部,鳥羽湾中最大の島。鳥羽市に属する。面積7km2。東方海上には属島の大中山島,大築海(おつくみ)島,小築海(こつくみ)島がある。古くは手節(たふし),塔志と書かれ,朝廷への海産物の貢納地として知られた。海岸部に答志,和具,桃取の集落があって水産業を生業とし,海女による採貝,採藻のほか,真珠養殖も行われる。古墳が多く,島で最大の岩屋ヶ原古墳は標高約130mの山頂にある。中世に九鬼水軍を率いた九鬼嘉隆自害の地で,首塚と胴塚がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうしじま【答志島】

三重県鳥羽市、伊勢湾口の島。平地に乏しく漁業に依存。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕答志島(とうしじま)


三重県東部、伊勢(いせ)湾湾口に浮かぶ島。面積7.0km2。鳥羽(とば)市に属する。海女によるサザエ・アワビの採取漁業とハマチ・ワカメの養殖が盛ん。伊勢志摩(いせしま)国立公園に属する。旅館・民宿も多く、磯(いそ)釣り客や海水浴客が多数訪れる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

答志島
とうしじま

三重県中東部、伊勢(いせ)湾口にある島。鳥羽(とば)市に属す。伊勢湾口に並ぶ島列中の最大で、面積6.98平方キロメートル、東西約5キロメートル、南北約1.5キロメートルの細長い島で最高点は167メートル。丘陵地が多く平坦(へいたん)地に乏しい。古くは手節(たぶし)、塔志とも書かれた。答志、桃取(ももとり)の2村に分かれていたが、1954年(昭和29)鳥羽市の一部となった。アワビ、サザエ、海藻とりの海女(あま)漁と、イカナゴのバッチ網漁、ワカメ養殖が主産業。島のおもな集落は3か所で、鳥羽佐田浜港から桃取、和具、答志まで市営定期船が運航されている。桃取と答志を結ぶ道路は答志スカイラインとよばれて展望がよい。伊勢志摩(しま)国立公園域で民宿も多く、サンシャインビーチなどの海水浴場があり、磯(いそ)釣りなどで知られる。戦国の武将九鬼嘉隆(くきよしたか)が自刃した地で島内に首塚と胴塚が残る。人口2694(2009)。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

答志島の関連キーワード三重県鳥羽市浦村町三重県鳥羽市相差町三重県鳥羽市小浜町三重県鳥羽市国崎町三重県鳥羽市坂手町三重県鳥羽市幸丘三重県鳥羽市白木町三重県鳥羽市答志町三重県鳥羽市鳥羽三重県鳥羽市桃取町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

答志島の関連情報