コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老巧 ロウコウ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐こう〔ラウカウ〕【老巧】

[名・形動]経験を積んで物事をするのに巧みで抜け目のないこと。また、そのさま。「老巧な(の)やり口」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうこう【老巧】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
経験を積み、物事に巧みな・こと(さま)。また、そのような人。老練。 「 -な手さばき」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

老巧の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露中村 翫右衛門(2代目)笑福亭 円笑(3代目)笑福亭 福松(2代目)市川 荒五郎(3代目)吉田 玉造(3代目)今井 幾三郎(初代)尾上多見蔵(2代)市川鰕十郎(6代)浅尾大吉(4代)古兵・古強者大久保光代今井幾三郎中村歌六道化方抜け目陳者老練宿老

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老巧の関連情報