コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕す タガエス

デジタル大辞泉の解説

た‐がえ・す〔‐がへす〕【耕す】

[動サ四]《「田返す」の意。古くは「たかえす」》田畑の土を掘り返す。たがやす。
「此頃のしづが―・すからすきの」〈土御門院集

た‐がや・す【耕す】

[動サ五(四)]《「たかえ(田返)す」の音変化》作物を作るために、田畑の土を掘り返す。「荒れ地を―・す」
[可能]たがやせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たがえす【耕す】

( 動四 )
〔「田反かえす」の意。「たがやす」の古形〕
田畑を耕作する。たがやす。 「此の頃のしづが-・すからすきの/土御門院御集」

たがやす【耕す】

( 動五[四] )
〔「たかへす」の転〕
すきや鍬くわを入れて田畑を掘り返し、土を軟らかくする。耕作する。 「田を-・す」
[可能] たがやせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耕すの関連キーワードエクザレーション唐鋤・犂・犁硯田・研田秋月 桂太チフトリキエーカー藪に馬鍬鋤き起す田を打つ筆耕硯田田解き荒れ地汗だく霜起し田作り畑打ち鼻取り此の頃格子鍬耡う

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耕すの関連情報