コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋤く スク

デジタル大辞泉の解説

す・く【×鋤く】

[動カ五(四)]《「透く」と同語源》
鋤(すき)鍬(くわ)などで田畑の土を耕す。「田を―・く」
根こそぎにする。取り除く。
「奸を―・きてこれを懲(こ)らし」〈染崎延房・近世紀聞〉
[可能]すける[カ下一]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すく【鋤く】

( 動五[四] )
すき・鍬くわなどで畑の土を掘り起こす。たがやす。 「田を-・く」
取り除く。 「進んで国家の奸を-・き/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鋤くの関連キーワード自由太刀余波鋭鋒漉く・抄く染崎延房梳く

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android