コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋤く スク

2件 の用語解説(鋤くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す・く【×鋤く】

[動カ五(四)]《「透く」と同語源》
鋤(すき)鍬(くわ)などで田畑の土を耕す。「田を―・く」
根こそぎにする。取り除く。
「奸を―・きてこれを懲(こ)らし」〈染崎延房・近世紀聞〉
[可能]すける[カ下一]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すく【鋤く】

( 動五[四] )
すき・鍬くわなどで畑の土を掘り起こす。たがやす。 「田を-・く」
取り除く。 「進んで国家の奸を-・き/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone