鋤く(読み)スク

デジタル大辞泉の解説

す・く【×鋤く】

[動カ五(四)]《「透く」と同語源》
鋤(すき)鍬(くわ)などで田畑の土を耕す。「田を―・く」
根こそぎにする。取り除く。
「奸を―・きてこれを懲(こ)らし」〈染崎延房・近世紀聞〉
[可能]すける[カ下一]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すく【鋤く】

( 動五[四] )
すき・鍬くわなどで畑の土を掘り起こす。たがやす。 「田を-・く」
取り除く。 「進んで国家の奸を-・き/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android