コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖アントニウスの誘惑 せいアントニウスのゆうわくTemptation of St. Anthony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖アントニウスの誘惑
せいアントニウスのゆうわく
Temptation of St. Anthony

キリスト教美術の主題。ナイル河畔の砂漠で悪魔の誘惑と戦う聖アントニウスを表わす。4世紀の聖アタナシウス著の伝記に基づき,彼の生涯の神秘的事跡は多く図像化されているが,中世末よりルネサンスには奇怪な動物,美女の姿となって彼を誘惑,脅迫するさまざまの欲望の悪魔にさいなまれつつ,これらと戦う図像が多く描かれた。作例は M.グリューネワルトイーゼンハイム祭壇画』 (1515,コルマール,ウンターリンデン美術館) ,H.ボッシュ聖アントニウスの誘惑』 (1450~1516,リスボン国立美術館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

聖アントニウスの誘惑

ネーデルラントの画家ヒエロニムス・ボスの絵画(1500-05頃)。原題《Verzoeking van de heilige Antonius》。砂漠で修業をしている聖アントニウスが悪魔の誘惑に耐える姿を描いた作品。リスボン国立美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone