聖アントニウスの誘惑(読み)せいアントニウスのゆうわく(英語表記)Temptation of St. Anthony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖アントニウスの誘惑
せいアントニウスのゆうわく
Temptation of St. Anthony

キリスト教美術の主題。ナイル河畔の砂漠で悪魔の誘惑と戦う聖アントニウスを表わす。4世紀の聖アタナシウス著の伝記に基づき,彼の生涯の神秘的事跡は多く図像化されているが,中世末よりルネサンスには奇怪な動物,美女の姿となって彼を誘惑,脅迫するさまざまの欲望の悪魔にさいなまれつつ,これらと戦う図像が多く描かれた。作例は M.グリューネワルトイーゼンハイム祭壇画』 (1515,コルマール,ウンターリンデン美術館) ,H.ボッシュ『聖アントニウスの誘惑』 (1450~1516,リスボン国立美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいアントニウスのゆうわく〔セイ‐のイウワク〕【聖アントニウスの誘惑】

《原題、〈オランダ〉Verzoeking van de heilige Antoniusボッシュの絵画。板に油彩。三連祭壇画であり、中央パネルは縦135センチ、横119センチ、両翼は横53センチ。砂漠で隠遁生活をしている聖アントニウスが悪魔の誘惑に耐える姿を描く。リスボン、国立古美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

聖アントニウスの誘惑

ネーデルラントの画家ヒエロニムス・ボッシュの絵画(1500-05頃)。原題《Verzoeking van de heilige Antonius》。砂漠で修業をしている聖アントニウスが悪魔の誘惑に耐える姿を描いた作品。リスボン、国立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報