コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝っ玉おっ母とその子供たち きもったまおっかあとそのこどもたちMutter Courage und ihre Kinder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝っ玉おっ母とその子供たち
きもったまおっかあとそのこどもたち
Mutter Courage und ihre Kinder

ドイツの戯曲。 B.ブレヒト作。 12場と9曲の歌から成り,1938~39年執筆。 17世紀の三十年戦争を背景とし,荷車を引いて兵士相手の商いで生活の糧を得ている「肝っ玉おっ母」アンナの姿を通して,庶民が戦争犠牲者であると同時に,また戦争受益者でもありうる点を指摘している。 41年チューリヒで初演されたが,ブレヒトはこの公演でアンナが悲劇的女性として強調されすぎたことに不満をもち,49年のベルリーナー・アンサンブルによる公演 (妻 H.ワイゲル主演) では,みずから演出にあたり,アンナの戦争受益者としての面を強く描き出した。 17世紀の H. J.グリメルスハウゼンのバロック小説2編に人物をかりている。ブレヒトが主張する叙事演劇の傑作とされており,60年映画化。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝っ玉おっ母とその子供たち
きもったまおっかあとそのこどもたち
Mutter Courage und ihre Kinder

ドイツの劇作家ブレヒトの戯曲。12景。「三十年戦争時代の年代記」という副題をもつ。1939年作、41年チューリヒで初演。49年、ブレヒトとエンゲルの演出によるベルリンのドイツ座での完全上演は、肝っ玉おっ母にブレヒト夫人のヘレーネ・ワイゲルを配し、東ドイツの戦後演劇の出発点の観があった。パウル・デッサウ作曲の九つのソング、生き生きした方言、作者が亡命中の1938、39年の暗い時代に強まった異化効果が目だつ。舞台は1624年から36年のドイツとポーランド。酒保の女アンナ・フィーアリングこと肝っ玉の2人の息子は次々と兵士に仕立てられ、処刑される。おしの娘カトリンは襲撃されるハレの町を救おうとして射殺される。初め3人の子たちと商品を積んで意気盛んだった肝っ玉も、まったく落ちぶれ、1人になって軍隊の後を追う。戦争によって食う者はかくのごとく戦争に支払うものであると舞台は観客に語りかける。[八木 浩]
『千田是也訳『ブレヒト戯曲選集2』(1961・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肝っ玉おっ母とその子供たちの関連キーワードベルリーナー・アンサンブルH. ワイゲル毛利 菊枝岸 輝子毛利菊枝岸輝子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android