(読み)エ

  • ▽肢
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「身体の枝」の意。「え」は元来ヤ行のエ) 手足。えだ。
※書紀(720)雄略二年七月(寛文版訓)「来目部をして夫婦(をとめ)の四の支(エ)を木に張りて、仮庪(さずき)の上に置かしめて、火を以て焼き死(ころ)しつ」
〘名〙 体のわかれた部分。体のえだ。手足。〔朝野僉載〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【足∥肢】より

…動物体の一部が突出して体を支え移動させる働きをする構造物は,一般に〈あし〉と呼ばれ,足・脚・肢の字が用いられるが,その区別は慣用的なものである。足と呼びうる特別な部分がなくても移動する動物は数多くあり(傘運動をするクラゲ類や蠕動(ぜんどう)運動をするミミズ類など),また足と同じような構造でも形・働きの違いから足と呼ばれないものも多い(節足動物の多くの付属肢など)。…

※「肢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肢の関連情報