コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前半島 ひぜんはんとう

1件 の用語解説(肥前半島の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひぜんはんとう【肥前半島】

九州の北西部,北の玄界灘,南の有明海によって狭められたところから西方に突出した半島。佐賀県西部と長崎県本土部を含めた地域で,旧肥前国の大部分にあたる。支脈の半島が枝のように伸び,全体として卍形をなす。北部は玄武岩台地の広がる東松浦半島北松浦半島が張り出し,両半島を隔てる伊万里湾の湾入が南に伸びて,有田川沿いの断層谷へつづく。東部には有明海にのぞんで多良岳火山と,雲仙岳の火山群を主体とした島原半島がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肥前半島の関連キーワード有明海菊池川玄界灘島原湾筑後川筑紫鴨有明海及び八代海の再生に関する基本方針福岡沖地震タイラギと有明海県内での津波被害

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone