コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎半島 ながさきはんとう

6件 の用語解説(長崎半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎半島
ながさきはんとう

野母半島 (のもはんとう) ともいう。長崎県南部,天草灘に突出する半島。北部は長崎市街地,東は橘湾,西は長崎湾と五島灘に面する。標高 200~600mの丘陵地で,北部は古生代結晶片岩山地を貫いて玄武岩が小山地を形成し,南部よりも高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながさき‐はんとう〔‐ハンタウ〕【長崎半島】

長崎県南部の半島。南西に延び、先端に野母(のも)崎・脇岬がある。野母半島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長崎半島【ながさきはんとう】

長崎県南部,南西に突出する半島。野母半島とも。おもに結晶片岩からなる低い山地で,南東岸は特に平地に乏しい。北東部は長崎市の一部,南西部は三和,野母崎の2町(2町とも現・長崎市)。
→関連項目三和[町]高島[町]橘湾長崎[県]長崎[市]野母崎[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきはんとう【長崎半島】

長崎県南西部,長崎市から南へ長靴のように突出している半島。野母(のも)半島ともいう。長さ20余km,幅は基部で6km,先端部ほど細くなっている。地質は主として緑色の結晶片岩からなり,茂木(もぎ)と小ヶ倉(こがくら)を結ぶ線で,長崎市域に広がる安山岩地帯と境されている。半島の北半部は八郎岳をはじめとして,標高300~600mのなだらかな隆起準平原の山地がつづく。この中で小八郎岳と城山の山頂部は,新しく噴出した玄武岩でおおわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕長崎半島(ながさきはんとう)


長崎県南西部の半島。長崎市から南西へ幅約6km、長さ約20kmにわたって突き出る。野母(のも)半島とも。北部は約400~500mの山地。南部に向かって低くなり、先端の脇(わき)岬付近には砂州(さす)が発達。東部の茂木(もぎ)周辺は茂木ビワやミカンの産地。一帯は野母半島県立公園。脇岬にはマリンランド亜熱帯植物園がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎半島
ながさきはんとう

長崎県の南部に突出する半島。野母(のも)半島ともいう。北東から南西方向の細長い半島で、長さ20余キロメートル、幅約6キロメートル、先端部で細く、最先端に属島の樺(かば)島がある。半島はさらに海底にまで追跡され、長崎海脚(海底における山脈状の高まり)が樺島の南西約40キロメートルに達している。地質は主として結晶片岩からなり、茂木(もぎ)―戸町(とまち)の線で長崎地区の安山岩地帯に隣接する。半島の北部は標高400~500メートルの台地状をなし、台地上には新しく噴出した玄武岩が小八郎(こはちろう)岳などの高まりを示す。南部はしだいに低くなり、先端部の脇(わき)岬では砂州が発達している。半島の北西部では深堀(ふかぼり)―香焼(こうやぎ)島間が埋め立てられ、長崎外港や三菱(みつびし)重工の100万トンドックが建設されている。東岸の川原(かわら)、西岸の高浜には海水浴場、脇岬町井上(いかみ)には亜熱帯植物園があり、野母半島県立公園に指定されている。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎半島の関連情報