コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊万里湾 いまりわん

4件 の用語解説(伊万里湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊万里湾
いまりわん

佐賀県西部から長崎県北東部にかけての湾。東松浦半島北松浦半島にいだかれ,湾内には,長崎県に属し元寇で知られる鷹島や福島,その他小島が散在して,天然の防波堤をなす。南部は 1955年佐賀県立自然公園に指定されたが,その後沿岸の工業化進展により 1972年廃止。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いまり‐わん【伊万里湾】

九州北西部、東松浦半島北松浦半島に挟まれて深く入り込んだ湾。佐賀県伊万里市と長崎県松浦市にまたがる。湾奥に伊万里市が位置し、伊万里川・有田(ありた)川が注ぐ。湾内ではカキ・ノリ・真珠の養殖が盛ん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県(長崎県)〕伊万里湾(いまりわん)


九州北西岸、佐賀県東松浦(ひがしまつうら)半島と長崎県北松浦半島に抱かれた湾。湾口を鷹(たか)島・青(あお)島などに仕切られる。湾内に福(ふく)島ほか多数の島や岩礁が点在し、海岸線は複雑。北東部の沿岸は玄海(げんか)国定公園に属する。湾奥の浅海で干拓・埋め立てが行われた。ノリ・カキなどの養殖が盛ん。福島に液化天然ガス基地がある。湾奥の伊万里市沿岸部に造船・木材・電機などの工場が立地。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊万里湾
いまりわん

九州北西部、東松浦(まつうら)半島と北松浦半島に挟まれた湾入。佐賀・長崎両県にまたがる。有田川、伊万里川の流入する湾奥は佐賀県伊万里市の中心部で、干潟(ひがた)には干拓地の造成をみる。湾央、湾口には、長崎県に属する福島、鷹島(たかしま)が立ちはだかり、湾口南西部は長崎県松浦市に属する。かつての炭鉱の島、福島と対岸の伊万里市波多津町辻(はたつちょうつじ)との間に、福島大橋が1967年(昭和42)に完成した。その北方に玄海(げんかい)国定公園に属するイロハ島の多島景観が広がる。元寇(げんこう)で著名な鷹島は、海底の元寇遺物をめぐって近年脚光を浴び、日比(ひび)水道を介して、佐賀県唐津(からつ)市と相対する。鷹島と唐津市肥前町星賀(ひぜんまちほしか)とを結ぶ鷹島肥前大橋(1251メートル)が2009年(平成21)に完成した。福島南方の七ツ島には工業団地が造成され、造船企業の進出をみたが、相次ぐ工業団地の造成の前に、浅海養殖などのみられた伊万里湾の自然は大きく変容した。伊万里湾総合開発計画、両県にまたがる広域市町村圏構想など、動きは活発である。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊万里湾の関連情報