コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊万里湾 いまりわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊万里湾
いまりわん

佐賀県西部から長崎県北東部にかけての湾。東松浦半島北松浦半島にいだかれ,湾内には,長崎県に属し元寇で知られる鷹島福島,その他小島が散在して,天然の防波堤をなす。南部は 1955年佐賀県立自然公園に指定されたが,その後沿岸の工業化進展により 1972年廃止。湾奥部には江戸時代以来干拓地が開け,沿岸では養殖漁業が行なわれる。西岸地域はかつて佐世保炭田に属し,伊万里市久原,楠久,浦ノ崎は石炭積出港として栄えたが,1950年代末以来石炭産業の不況に伴い衰退。その後久原を中心として,ラワン材を原料とする新建材工場が立地し,1972年には東岸の黒川に大手造船工場が進出,臨海工業地区を形成した。東部は玄海国定公園に,北西部海岸は北松県立自然公園に属し,景勝地が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いまり‐わん【伊万里湾】

九州北西部、東松浦半島と北松浦半島に挟まれて深く入り込んだ湾。佐賀県伊万里市と長崎県松浦市にまたがる。湾奥に伊万里市が位置し、伊万里川・有田(ありた)川が注ぐ。湾内ではカキ・ノリ・真珠の養殖が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県(長崎県)〕伊万里湾(いまりわん)


九州北西岸、佐賀県東松浦(ひがしまつうら)半島と長崎県北松浦半島に抱かれた湾。湾口を鷹(たか)島・青(あお)島などに仕切られる。湾内に福(ふく)島ほか多数の島や岩礁が点在し、海岸線は複雑。北東部の沿岸は玄海(げんかい)国定公園に属する。湾奥の浅海で干拓・埋め立てが行われた。ノリ・カキなどの養殖が盛ん。福島に液化天然ガス基地がある。湾奥の伊万里市沿岸部に造船・木材・電機などの工場が立地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊万里湾
いまりわん

九州北西部、東松浦(まつうら)半島と北松浦半島に挟まれた湾入。佐賀・長崎両県にまたがる。有田川、伊万里川の流入する湾奥は佐賀県伊万里市の中心部で、干潟(ひがた)には干拓地の造成をみる。湾央、湾口には、長崎県に属する福島、鷹島(たかしま)が立ちはだかり、湾口南西部は長崎県松浦市に属する。かつての炭鉱の島、福島と対岸の伊万里市波多津町辻(はたつちょうつじ)との間に、福島大橋が1967年(昭和42)に完成した。その北方に玄海(げんかい)国定公園に属するイロハ島の多島景観が広がる。元寇(げんこう)で著名な鷹島は、海底の元寇遺物をめぐって近年脚光を浴び、日比(ひび)水道を介して、佐賀県唐津(からつ)市と相対する。鷹島と唐津市肥前町星賀(ひぜんまちほしか)とを結ぶ鷹島肥前大橋(1251メートル)が2009年(平成21)に完成した。福島南方の七ツ島には工業団地が造成され、造船企業の進出をみたが、相次ぐ工業団地の造成の前に、浅海養殖などのみられた伊万里湾の自然は大きく変容した。伊万里湾総合開発計画、両県にまたがる広域市町村圏構想など、動きは活発である。[川崎 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊万里湾の関連キーワード黒澤明記念館建設問題佐賀県伊万里市伊万里[市]長崎県松浦市伊万里(市)肥前[町]鷹島[町]有田[町]唐津(市)松浦[市]福島[町]カブトガニ伊万里富士肥前半島伊万里港島山島海岸線湾口岩礁玄海

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊万里湾の関連情報