コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北松浦半島 きたまつうらはんとう

6件 の用語解説(北松浦半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北松浦半島
きたまつうらはんとう

九州の北西部を占める半島。玄界灘と五島灘とを分ける。大部分が長崎県,一部が佐賀県に属する。伊万里市佐世保市早岐間の低地帯を境とし,筑紫山地に属する丘陵性の山地である。山地は古第三紀新第三紀層の上に玄武岩からなる低平な溶岩台地があり,両者の境界に沿って湧水地帯があり,古第三紀層に棚田が発達するが,ここは地すべり地帯となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたまつうら‐はんとう〔‐ハンタウ〕【北松浦半島】

九州北西部にある半島。長崎県佐世保市佐賀県伊万里市を結ぶ国見山系以西を占める。元寇(げんこう)倭寇(わこう)などの史跡に富む。西岸はリアス式海岸で、西海(さいかい)国立公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北松浦半島【きたまつうらはんとう】

九州北西部にあり玄界灘と五島灘を分ける半島。佐賀県伊万里市と長崎県佐世保市早岐(はいき)を結ぶ構造線以西で,玄武岩流におおわれた山地,丘陵地からなる。基盤の第三系には佐世保炭田の石炭層がある。
→関連項目江迎[町]小佐々[町]佐々[町]鹿町[町]世知原[町]田平[町]長崎[県]平戸[市]吉井[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きたまつうらはんとう【北松浦半島】

九州北西部にある半島。佐賀県伊万里市と長崎県佐世保市早岐(はいき)を結ぶ有田川と小森川の両河谷から西へ広がる。行政的には佐世保・松浦両市を含めて,大部分が長崎県に属する。地形は第三紀層の上に玄武岩が広く分布する溶岩台地で,東部の国見山(777m)を最高に,西へしだいに高度を下げ,西端は九十九島(くじゆうくしま)の沈水海岸に移行する。溶岩台地は断層に伴う河谷の浸食によって,メサ状に数多くの台地に分離している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県(長崎県)〕北松浦半島(きたまつうらはんとう)


九州北西部の半島。佐賀県伊万里(いまり)市と長崎県佐世保(させぼ)市を結ぶ線の北西に広がる。北は壱岐(いき)水道に面し、北東は伊万里湾、南は佐世保湾が湾入、西は平戸瀬戸(ひらどせと)を挟んで平戸島と相対する。山地・丘陵地が卓越し、西海岸はリアス式海岸が発達。かつての炭鉱地帯には繊維・衣料関係の工場が立地。園芸農業・養殖漁業が盛ん。元寇(げんこう)・倭寇(わこう)関連の史跡が多く、西海岸は西海(さいかい)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北松浦半島
きたまつうらはんとう

九州本島の北西部にある半島。長崎県佐世保(させぼ)市早岐(はいき)と佐賀県伊万里(いまり)市を結ぶ線(有田川河谷)以西に広がる。北は壱岐(いき)水道に面し、西は平戸(ひらど)瀬戸を隔てて平戸島に対し、北東部に伊万里湾、南に佐世保湾の湾入がある。半島の東には国見(くにみ)山(最高峰776メートル)など南北に走る国見山地があり、山地は西方に向かってしだいに低くなり、九十九(くじゅうく)島の沈降海岸に終わっている。全域にわたり第三紀層の丘陵上に玄武岩が噴出した台地地形(北松(ほくしょう)溶岩台地)を示し、この台地はいくつかの断層によって切られ、志佐(しさ)川、佐々(さざ)川、江迎(えむかえ)川、相浦(あいのうら)川が発達し、北松溶岩台地はいくつかの台地に細分されている。それぞれの台地における上部の玄武岩は急崖(きゅうがい)、下部の第三紀層は山麓(さんろく)緩傾斜面をなし、両者の境界には湧水(ゆうすい)帯を生じ、緩傾斜面上には棚田(たなだ)が発達している。また、地すべりの多発地帯ともなっている。明治以来、第三紀層中の石炭を求めて北松炭田が発達したが、現在はまったく閉山している。半島は末羅(まつら)国の一部で、古代から対外的に重要な地域をなし、元寇(げんこう)や倭寇(わこう)などの史跡に富む。西岸は西海(さいかい)国立公園に含まれ、国見山は北松(ほくしょう)県立公園(長崎県立自然公園)に指定されている。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北松浦半島の関連キーワード伊万里伊万里土伊万里玉屋佐賀県伊万里市佐賀県伊万里市伊万里町乙佐賀県伊万里市伊万里町甲佐賀県伊万里市木須町佐賀県伊万里市黒川町福田佐賀県伊万里市新天町佐賀県伊万里市立花町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone