コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩裾 かたすそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肩裾
かたすそ

和服の中間部分を無地とし,肩と裾の部分だけに文様をつけたもの。多くは雲形,雷光形に仕切ってその中に文様を置く。室町末期に始り,能衣装小袖などに応用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かた‐すそ【肩裾】

着物の、帯で隠れる部分を白地のまま残し、肩と裾の部分にだけ模様をつけたもの。肩裾模様

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたすそ【肩裾】

肩と裾。
小袖の模様の置き方。直線や曲線・雲形・州浜形などで区切った肩と裾だけに模様を置いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肩裾の関連キーワード泉大津市立織編館訪問着州浜形総模様付下げ着物和服

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肩裾の関連情報