肩裾(読み)かたすそ

大辞林 第三版の解説

かたすそ【肩裾】

肩と裾。
小袖の模様の置き方。直線や曲線・雲形・州浜形などで区切った肩と裾だけに模様を置いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐すそ【肩裾】

〘名〙
① 肩と裾。
※宗長手記(1522‐27)下「とる所なくてぞ明ぬかた裾もむねはしり火の恨めしのよや」
② 小袖の染め方の一種。帯で隠れるために腰の部分を白無地のままとし、肩と裾をそれぞれ州浜形に仕切って文様を施したもの。多くは縫箔(ぬいはく)とする。肩裾染め。
浮世草子・好色貝合(1687)上「親はかたすそそろはひでも、女(むすめ)に花をかざらするは、色を本手(もとで)のしかけのてだて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肩裾の関連情報