コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本手 ほんて

6件 の用語解説(本手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本手
ほんて

日本音楽の用語。基本の手の意。 (1) 合奏用語 「替手」などに対する原旋律のパートをいう。 (2) 楽曲分類名称 「破手」などに対する基本曲。三味線組歌の総称でもあったが,そのうちの最古典『琉球組』以下7曲だけを,のちの派手組以下に対して特に「本手」または「本手組」といい,「表組」とも称する。胡弓曲でも,その本来の本曲の別称。尺八曲では,特に明暗流において,本曲のうちの最重要古伝の3曲を除く曲中,比較的古くからある宗教性の濃いものを本手といい,『鹿の遠音』や『鶴の巣籠』など芸術性の濃いものを破手ということもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐て【本手】

本来の腕前。持ち前の技量。
修業を積んだ腕前であること。また、その腕前。くろうと。「本手の将棋指し」
囲碁・将棋などの勝負事で、その局面での本筋の手。「ここでは歩(ふ)をつくのが本手だ」
《「ほんで」とも》
㋐三味線や箏曲(そうきょく)などで、二つの異なった旋律で合奏するとき、基本の旋律。また、その演奏者。
㋑三味線を高低2音で合奏するとき、高音を奏する上調子(うわぢょうし)に対して低音を奏する三味線。また、その演奏者。地(じ)調子。
㋒三味線組歌で、本手組のこと。⇔破手(はで)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本手【ほんて】

日本音楽用語。(1)合奏で,基本になる旋律のこと。これと合奏する旋律は替手(かえて)。(2)三味線組歌で,最古に作曲された一群の曲の総称。本手組とも。石村検校またはその門下の虎沢検校の作曲という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんて【本手】

日本音楽の用語。〈ほんで〉ともいう。本格的な手,本来の手の意味であるが,種目・時代によって異なる。三味線音楽の種目分類用語としては,伝承上の規範曲中の最古典たるものをいい,三味線の組歌全体をいうが,〈本曲〉ともいい,尺八や胡弓の〈本曲〉とほぼ同様な概念で用いられる。ただし,組歌の中を細分類して,その中でも最古典である《琉球組》以下の〈表七曲〉のみをとくに〈本手組〉といって,柳川検校作曲の〈破手組〉と区別することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんて【本手】

勝負事などで、その場面での筋の通った手。
正式。本式。 「 -の粋といふは…座上へ請ずる事なかれ/浮世草子・男色十寸鏡」
その道のくろうと。本職。 「馬場聞いて-よりはましなりと誉めらるる/甲陽軍鑑 品三五
〔「ほんで」とも〕
邦楽(主に地歌・箏曲)で、その曲本来の旋律。
替手
「本手組」のこと。
破手はで
三味線組歌全体(本手組と破手組)の別称。三味線本手。 「素人の珍重がらぬ物、-のこうたぞかし/浮世草子・置土産 5

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本手
ほんて

日本伝統音楽における合奏用語。長唄(ながうた)をはじめとする江戸時代の三味線音楽と、地歌(じうた)において、合奏の場合の原旋律のことをいう。長唄や浄瑠璃(じょうるり)の器楽合奏の部分、すなわち合方(あいかた)のなかには、原旋律とそれに対する旋律が演奏される部分があるが、この場合の原旋律を本手といい、それに対する旋律を替手(かえで)という。替手は本手とまったく異なる旋律で、両方とも三味線で奏する場合と、本手を三味線、替手を箏(こと)のように異なる楽器で演奏する場合がある。替手は、一つの本手に対して一つではなく、2種以上作曲されることもある。また地歌において、本手をのせる短い単純な基本的旋律型である「地(じ)」も替手の一種である。これに対して、本手の一オクターブ上の旋律を演奏する場合があり、この対旋律を上調子(うわぢょうし)という。
 また三味線組唄のなかで、石村検校(けんぎょう)の作品といわれる七曲を、破手(はで)とよばれる数曲に対してとくに本手とよぶ。さらに、明暗(めいあん)流尺八外曲(がいきょく)においては、宗教的な性格をもち、比較的古くから伝承されている曲のことを本手と称している。[渡辺尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の本手の言及

【替手】より

…〈かえで〉ともいう。原旋律(本手)に対して別に作られた旋律をいい,とくに地歌,箏曲,長唄に多い。地歌では,同一曲にいくつもの異なる手付け(三味線で演奏する部分の作曲)がなされた場合に,その第2次以降の手をいったが,そのなかで原旋律に対して旋律的またはリズム的に異音性の強いものは,本手との合奏が行われるようになり,異なる楽器に移して演奏されるようにもなった。…

【地歌】より


[歴史と分類]
 三味線音楽の芸術化につとめたのは,16世紀半ばから17世紀半ばにかけて,三味線そのものの伝来・改良に関与した盲人音楽家たちであったが,彼らが作曲した最古典曲は,前代または当時流行していた小編の歌曲(小歌)を組み合わせて,これに三味線を結びつけて芸術歌曲化したものであった。これを,〈三味線本手〉ないし〈本手〉と称したが,のちには〈三味線組歌〉などとも称した。その中でも最古典曲は,石村検校作曲とされる《琉球組》であるが,虎沢検校を経て柳川検校に至るまでに,増補・整理された。…

※「本手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本手の関連情報