肺動脈弁閉鎖不全症

内科学 第10版の解説

肺動脈弁閉鎖不全症(後天性弁膜症)

概念
 拡張期に肺動脈から右室へ逆流が生じる状態.
分類
 原因のうえでは,肺動脈弁に異常がある器質的原因と弁に異常がない機能的原因がある.
病因
 感染性心内膜炎やリウマチ熱により器質的弁異常が生じる.肺高血圧症やMarfan症候群などによる肺動脈弁輪拡大のため機能的弁逆流が生じる.
疫学
 肺高血圧症に至る疾患は先天性,後天性ともに多様にあり,本病態のほとんどがその続発症としての機能的弁逆流である.リウマチ性病変が肺動脈弁に生じる頻度は高くない.
病態
 肺動脈収縮期圧の上昇,拡張期圧の低下に伴う脈圧の拡大がみられる.弁逆流量の多い例では右室容量負荷から右心不全に至る.軽度のものは多くが無症状である.
臨床症状
1)自覚症状:
弁逆流が高度になると右心不全症状に基づく易疲労感,呼吸困難感などが自覚される.
2)他覚症状:
右心不全症状に基づく浮腫,肝腫大などを認める.
検査成績
 心エコー図カラードプラ法により右室流出路に逆流像を認める.健常者でも高頻度でみられる.
診断
 肺動脈弁領域に拡張期雑音を聴取する.続発的肺高血圧による高調性の雑音はGraham Steell雑音とよばれる.
鑑別診断
 肺高血圧症を続発する疾患,肺血栓塞栓症,拡張型心筋症,僧帽弁狭窄症など.
合併症
 先天性の場合は,ほかの合併心奇形の存在に留意する必要がある.
経過予後
 ほとんどが続発性であり現疾患の経過による.
治療
 ほとんどが治療の対象にならないか,右心不全症状に対して利尿薬を使用することがある.感染性心内膜炎の病巣除去を目的とする例や,高度の弁逆流により難治性右心不全を伴う例に対して弁置換術が行われる.[兵頭永一・吉川純一]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android