コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺真菌症の病変 はいしんきんしょうのびょうへん

1件 の用語解説(肺真菌症の病変の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はいしんきんしょうのびょうへん【肺真菌症の病変】

 真菌(かび)が肺に感染するといろいろな病変が生じる可能性があります。
 胸部X線写真を撮ると、肺炎だけでなく、結節(けっせつ)、空洞(くうどう)、膿胸(のうきょう)などと同じような変化が写ることがありますし、真菌球と呼ばれる特殊な陰を呈することもあります。どのような形で発病するかは、真菌の種類や患者さんの状態によって異なります。
 たとえばアスペルギルスの場合、急性骨髄性白血病(こつずいせいはっけつびょう)など極端に白血球の数が少なくなったり、はたらきが悪くなる血液の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の患者さんに感染すると、多発する肺炎や結節のかたちで現われますし、経過中に肺の中に穴が開いて空洞をつくったりします。
 もともと慢性的な肺の病気をもつ人では病態は異なります。すなわち、結核にかかった後、残った空洞や拡張した気管支に、アスペルギルスの菌糸、反応して出てきた細胞、滲出物(しんしゅつぶつ)からなるやわらかいボール状のものが形成されることがあり、これを真菌球(しんきんきゅう)(アスペルギルス腫(しゅ))といいます。
 また、肺内に感染したアスペルギルスが、肺をおおっている胸膜(きょうまく)にまで影響をおよぼすと、膿胸(のうきょう)をおこすことがあって、治療が困難な場合もあります。
 クリプトコッカスは、他の真菌に比べてやや病原性が強く、健康な人にも感染します。その場合、胸膜に近いところに結節を形成し、結核にまちがわれたり、肺がんにまちがわれて手術されることもあります。
 なお、クリプトコッカスは中枢神経(ちゅうすうしんけい)に移行しやすいため、髄膜炎(ずいまくえん)をおこしやすく、病型としてはむしろ髄膜炎のほうが多いようです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone