胎児化説(読み)たいじかせつ(英語表記)foetalization

世界大百科事典 第2版の解説

たいじかせつ【胎児化説 foetalization】

オランダの解剖学者L.ボルクによって提唱されたヒト進化に関する学説(1926)。ヒトの成体には類人猿胎児にみられる諸特徴が認められる。例えば,無毛性である,皮膚や目の色素が乏しい,あごが突きでていない,大後頭孔の位置が前方にある,脳重量比が大きい,頭蓋縫合が存続する,骨盤や女性大陰唇の形態が類似していることなどが挙げられる。すなわちヒトは,これら霊長類の胎児では一時的にすぎない形態を終生保持している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の胎児化説の言及

【ネオテニー】より

…腸鰓(ちようさい)類(ギボシムシの類)は棘皮(きよくひ)動物のネオテニー形といわれることがあり,これは両者の幼生の比較およびそれぞれでの幼生と成体の比較にもとづいている。ヒトの進化に関するL.ボルクの胎児化説もネオテニー説の一種である。日本の進化学者では徳田御稔(《進化論》1951,その他)がとくにネオテニーに注目をはらった。…

※「胎児化説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android