コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡惟庸 こいようHu Wei-yong; Hu Wei-yung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡惟庸
こいよう
Hu Wei-yong; Hu Wei-yung

[生]?
[没]洪武13(1380).南京
中国,明初の政治家。定遠 (安徽省定遠県) の人。元末,和州 (安徽) で太祖 (→洪武帝 ) のもとに投じ,のち左丞相にまで上った。太祖の信任厚く,右丞相汪広洋が左遷されたのちは,ほとんど政務の一切を独断専行。しかも勢力が次第に増大すると,御史大夫陳寧らと結んで謀反をはかり,部下を日本へつかわし,元の遺族ともよしみを通じて外部の力を借りようともしたが,一党のと節 (とせつ) が密告したため事前に事が漏れ逮捕,処刑された。連座した者は3万に及んだといわれる。これ以後中書省は廃止され,皇帝独裁権は一層高まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こいよう【胡惟庸 Hú Wéi yōng】

?‐1380
中国,の政治家。定遠(安徽省)の人。1355年(至正15)起兵間もない朱元璋(洪武帝)の軍に参加し,明朝成立後は楊憲にかわって洪武帝の信頼をえ,中書省参知政事から左丞,右丞相を歴任し,77年(洪武10)には左丞相となった。時に中書省内では比ぶものなく,李善長と姻戚関係を結ぶ一方,敵対者を排撃するなど権力をほしいままにしたが,占城からの朝貢使節の入朝を上聞しなかったことから帝の怒りにふれ,80年謀反を計画したかどで処刑され,多くのものが連座した(胡惟庸の獄)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡惟庸
こいよう
(?―1380)

中国、明(みん)初の政治家。元(げん)末、朱元璋(しゅげんしょう)の反乱軍(紅巾(こうきん)軍)に参加、明帝国が成立するや、昇進を重ね、1377年には最高位の左丞相(さじょうしょう)になった。初め太祖(朱元璋)の信任も厚かったが、左丞相に就任以後、専横が甚だしく、太祖を殺し権力を奪取しようと企てたといわれる。80年この計画が露見したため、胡惟庸をはじめ1万5000人が処刑された(胡惟庸の獄)。この事件を機に、太祖は中書省を廃し、六部(りくぶ)を皇帝に直属させた。[山根幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の胡惟庸の言及

【胡藍の獄】より

…中国,明朝洪武時代(1368‐98)の胡惟庸(こいよう)と藍玉にまつわる二つの疑獄事件をあわせた呼称。1380年(洪武13)中書省左丞相胡惟庸は謀反のかどで処刑され,御史大夫陳寧ら多くのものが連座した。…

※「胡惟庸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胡惟庸の関連キーワード明の時代(年表)胡藍の獄和州宋濂王蒙釐正劉基

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android