コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡藍の獄 こらんのごく Hu-lan yu; Hu-lan yü

2件 の用語解説(胡藍の獄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡藍の獄
こらんのごく
Hu-lan yu; Hu-lan yü

中国,明初の「胡惟庸 (こいよう) の獄」と「藍玉の獄」とを合せた呼称。明の洪武帝は挙兵以来の協力者である功臣宿将たちを些細な理由や無実の罪で多数殺したが,その最大の疑獄事件が「胡藍の獄」である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こらんのごく【胡藍の獄】

中国,明朝洪武時代(1368‐98)の胡惟庸(こいよう)と藍玉にまつわる二つの疑獄事件をあわせた呼称。1380年(洪武13)中書省左丞相胡惟庸は謀反のかどで処刑され,御史大夫陳寧ら多くのものが連座した。累は劉基らとともに四先生と呼ばれた宋濂にも及んだ。胡惟庸が日本や北元に通謀していたことが明らかになると,90年再び関係者が追及され,その姻戚李善長をはじめ陸仲亨,費聚,黄彬らの建国の功臣が処刑され,すでに死亡していた顧時,楊璟,華雲竜らはその爵を奪われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胡藍の獄の関連キーワード明朝体永楽帝洪武帝朱元璋北元明銭李善長洪武洪武銭明朝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone