コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇坂安宅 わきざか やすおり

美術人名辞典の解説

脇坂安宅

京都所司代、老中、明治7年(1874)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇坂安宅 わきざか-やすおり

1809-1874 江戸時代後期の大名。
文化6年2月15日生まれ。脇坂安董(やすただ)の次男。天保(てんぽう)12年播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩主脇坂家9代となる。奏者番,寺社奉行をへて京都所司代となり,賄料の増額など皇室のためにつくした。安政4年老中にすすみ,外国事務を担当。文久2年家督を安斐(やすあや)にゆずり隠居したが,同年老中に再任された。明治7年1月10日死去。66歳。通称は友吉,織部。号は揖水。淡路守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

脇坂安宅

没年:明治7.1.10(1874)
生年:文化6.2.15(1809.3.30)
幕末の幕府閣僚,竜野藩(兵庫県)藩主。父は脇坂安董。天保12(1841)年襲封,弘化2(1845)年寺社奉行,嘉永4(1851)年京都所司代となる。安政1(1854)年,内裏炎上の善後処理に当たり朝廷より賞賜を受く。この間,ペリー来航,日米和親条約調印の事情を奏聞。安政4年老中,同6年外国事務主管となり井伊直弼の幕政を支えた。万延1(1860)年辞任,文久2(1862)年4月家督を養嗣子安斐に譲り隠居。同年5月老中に再任,勅使大原重徳と折衝,9月病を理由に辞職した。同年11月,井伊の横死を病死と偽って報告したことが咎められ,謹慎を命ぜられた。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脇坂安宅
わきざかやすなり

[生]?
[没]1874.1.10. 東京
江戸時代後期,第 11代播磨竜野藩主。安董の子。幼名は友吉,織部。天保 12 (1841) 年襲封。奏者番,寺社奉行を歴任し,嘉永4 (51) ~安政4 (57) 年京都所司代となる。次いで老中に進み,外国事務を担当。安藤信正とともに列国側に開市開港延期を提議した。文久2 (62) 年辞任,隠居した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

脇坂安宅 (わきざかやすおり)

生年月日:1809年2月15日
江戸時代末期;明治時代の大名
1874年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の脇坂安宅の言及

【竜野藩】より

…播磨国(兵庫県)揖西郡竜野を城地とした藩。初期は譜代,中期以降外様中藩。中世の竜野赤松氏が1577年(天正5)織田信長配下の羽柴(豊臣)秀吉に戦わずして開城したあと,81年蜂須賀正勝5万3000石が初の近世大名として入封した。その後豊臣時代の城主は85年福島正則5万石,88年木下勝俊6万4000石,94年(文禄3)小出吉政2万石と移った。江戸時代の竜野藩は1617年(元和3)本多政朝5万石の入封に始まる。…

※「脇坂安宅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脇坂安宅の関連キーワード蓮田市五郎佐野竹之介脇坂淡路守脇坂安斐生年月日明治時代関仙籟幼名

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android