脇百姓(読み)わきびゃくしょう

精選版 日本国語大辞典「脇百姓」の解説

わき‐びゃくしょう ‥ビャクシャウ【脇百姓】

〘名〙 中世では、名主より低い身分階層の百姓。近世では、本百姓より低い身分の小農民。近世の関西方面では、村役人の組頭をいう場合もあった。平百姓。小百姓。わきのもの。わき。
※政基公旅引付‐文亀元年(1501)八月二八日「上守護披官人日根野打入、云地下寺庵悉令乱法、先番頭刑部太郎と脇百姓と両人生取了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「脇百姓」の解説

脇百姓
わきびゃくしょう

鎌倉時代以降,荘園に出現した農民。名主 (みょうしゅ) に隷属し,下人所従より独立性が強かった。江戸時代には,本百姓よりも零細な農民をさしたが,関西では村方三役 (→村役人 ) の一人である組頭を特に脇百姓といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「脇百姓」の解説

わき‐びゃくしょう〔‐ビヤクシヤウ〕【脇百姓】

中世の名主みょうしゅ、近世の本百姓より身分の一段低い農民。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android