コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政基公旅引付 まさもとこうたびひきつけ

百科事典マイペディアの解説

政基公旅引付【まさもとこうたびひきつけ】

戦国時代に前関白九条政基が記した日記。文亀1年(1501年)3月から永正1年(1504年)12月まで家領(けりょう)の和泉国日根荘(現大阪府泉佐野市)に下向(げこう)した時の日記で,原題に〈旅引付〉とある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まさもとこうたびひきつけ【政基公旅引付】

前関白九条政基が,1501年(文亀1)3月より04年(永正1)12月まで,家領の和泉国日根野荘(ひねののしよう)(日根荘)に下向し,荘務を行った際に記した自筆の日記。全5冊。原題に〈旅引付〉とあるように,日次記(ひなみき)の形式をとり私的な記述もまじえるが,荘務のための証拠的機能をもつ記録としての性格が強い。政基は,和泉守護細川氏と紀州根来寺(ねごろじ)との争乱のなかで消滅しかかった日根野荘を,縁故関係にあった管領細川氏の力を背景に,在荘,直務というかたちで回復しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の政基公旅引付の言及

【日根荘】より

…1501年(文亀1)荘園領主九条政基は日根荘に下向し,入山田村大木の長福寺を居所として04年(永正1)11月まで直務(じきむ)支配を行った。その間の日記《政基公旅引付(まさもとこうたびひきつけ)》によって,16世紀初頭の村落生活の諸相,九条家の姿勢,守護勢力や根来(ねごろ)寺の動向など,さまざまな姿がとらえられる。しかし天文期以降は他の本所領と同じく九条家領としての実体は失われていった。…

※「政基公旅引付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

政基公旅引付の関連キーワード細川政元戦国時代三昧聖九条家一揆押領逃散倉本

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政基公旅引付の関連情報