村方三役(読み)むらかたさんやく

百科事典マイペディアの解説

村方三役【むらかたさんやく】

江戸時代に代官・郡奉行など地方役人の下にあって村政にあたった村役人。一般に東国では名主組頭百姓代,西国では庄屋年寄百姓代(組頭)で構成される。地方(じかた)三役ともいう。三役の名称は地域・時代により種々あり,名主・庄屋を肝煎(きもいり)・小割元(こわりもと)・乙名(おとな),組頭・年寄を肝煎・長百姓,百姓代を長百姓・村横目などとよぶ場合もあった。名主・庄屋は村の首長で,村落を統轄し,法の伝達や年貢・諸役の割付・徴収にあたった。戦国大名家臣の系譜をひく上層の百姓や惣村のオトナ百姓の末裔などが任じられ,名主・庄屋給として給米を支給(一般には高引と称し年貢を減額)された。組頭・年寄は,村内有力百姓から複数選出され,名主・庄屋を補佐した。百姓代は江戸時代中期以降,村方騒動などをきっかけに常置された場合が多く,名主・庄屋の目付役として年貢割付や村入用出納の監視にあたった。このため読み書きや算術に長じた中農層から選ばれた。江戸時代初期には名主・庄屋は世襲がほとんどであったが,のちには一代限りで有力百姓の年番や入札によって選ばれる場合も多くなり,名主株と称して役職が売買の対象ともなった。組頭・年寄は一代限りであったが,名主・庄屋に準じ給米の支給,あるいは高役減免の特典があった。村役人は百姓身分でありながら領主による農村支配の末端に位置づけられたため,しばしば両者の利害の板挟みとなり,百姓一揆では場合によって両様の立場をとった。また百姓代は村方騒動の中心を担うケースも多かった。なお百姓身分の地方役人として名主・庄屋の上にあって数村から数十ヵ村を統轄する者が置かれる例は多く,地域によって大庄屋・大肝煎・十村(とむら)・割元・郷頭などとよばれている。
→関連項目大庄屋大人組頭名主村役人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらかたさんやく【村方三役】

近世の村役人。名主(庄屋,肝煎(きもいり)),組頭(長(おとな)百姓,年寄),百姓代の総称。(1)名主・庄屋は村の長で,初期には前代名主百姓や荘園の下司(げし)の系譜を引く有力農民がその地位についた。時とともに村内有力農民(複数)の中から順次選任されるようになり,村民の入札(いれふだ)(選挙)による場合もあった。いずれの場合も領主の許可が必要であった。村入用の中から若干の給米を受けるのがふつうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村方三役
むらかたさんやく

江戸時代の村役人で、名主(なぬし)(庄屋(しょうや))、組頭(くみがしら)(年寄(としより)、長百姓(おとなびゃくしょう))、百姓代(ひゃくしょうだい)をまとめるときの呼称。地方(じかた)三役ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村方三役の言及

【百姓代】より

…近世の村役人。村方三役の一つ。村目付,横目などといったところもある。…

※「村方三役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android