コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村方三役 ムラカタサンヤク

百科事典マイペディアの解説

村方三役【むらかたさんやく】

江戸時代に代官・郡奉行など地方役人の下にあって村政にあたった村役人。一般に東国では名主組頭百姓代,西国では庄屋年寄百姓代(組頭)で構成される。地方(じかた)三役ともいう。
→関連項目大庄屋大人組頭名主村役人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらかたさんやく【村方三役】

近世の村役人。名主(庄屋,肝煎(きもいり)),組頭(長(おとな)百姓,年寄),百姓代の総称。(1)名主・庄屋は村の長で,初期には前代名主百姓や荘園の下司(げし)の系譜を引く有力農民がその地位についた。時とともに村内有力農民(複数)の中から順次選任されるようになり,村民の入札(いれふだ)(選挙)による場合もあった。いずれの場合も領主の許可が必要であった。村入用の中から若干の給米を受けるのがふつうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村方三役
むらかたさんやく

村役人」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村方三役
むらかたさんやく

江戸時代の村役人で、名主(なぬし)(庄屋(しょうや))、組頭(くみがしら)(年寄(としより)、長百姓(おとなびゃくしょう))、百姓代(ひゃくしょうだい)をまとめるときの呼称。地方(じかた)三役ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村方三役の言及

【百姓代】より

…近世の村役人。村方三役の一つ。村目付,横目などといったところもある。…

※「村方三役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

村方三役の関連キーワード士・農工商・穢多非人年寄(日本史)江戸時代地方三役脇百姓長百姓村方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android