コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎過敏症 せきついかびんしょう spinal irritation

2件 の用語解説(脊椎過敏症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊椎過敏症
せきついかびんしょう
spinal irritation

脊髄には異常が認められないのに,椎骨の棘突起の一部または全体に圧痛や叩打痛がある状態をいう。外傷や炎症などの病変はない。第4~7胸椎に好発し,女性に多い。神経系の過敏状態の部分現象と考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊椎過敏症
せきついかびんしょう

脊椎棘(きょく)突起部の圧痛を主訴として自律神経不安定状態もみられる疾患で、20歳代の女性に多い。棘突起部周辺の皮膚組織に知覚過敏帯を生じたものと考えられ、脊椎の炎症や外傷もなく、運動障害やX線像の変化などはみられない。予後は良好であり、とくに治療を必要としないものが多い。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脊椎過敏症の関連キーワードそれなのにずにはいられない背に腹はかえられない脳脊髄液漏出症遺伝子特許食道無ぜん(蠕)動ビタミンD抵抗性くる病ゼノリサイト磁気熱量効果裁判員になれない人、辞退が認められる人