コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎過敏症 せきついかびんしょうspinal irritation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊椎過敏症
せきついかびんしょう
spinal irritation

脊髄には異常が認められないのに,椎骨の棘突起の一部または全体に圧痛や叩打痛がある状態をいう。外傷や炎症などの病変はない。第4~7胸椎に好発し,女性に多い。神経系の過敏状態の部分現象と考えられている。神経症患者によくみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊椎過敏症
せきついかびんしょう

脊椎棘(きょく)突起部の圧痛を主訴として自律神経不安定状態もみられる疾患で、20歳代の女性に多い。棘突起部周辺の皮膚組織に知覚過敏帯を生じたものと考えられ、脊椎の炎症や外傷もなく、運動障害やX線像の変化などはみられない。予後は良好であり、とくに治療を必要としないものが多い。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone