腎盂・尿管腫瘍(読み)じんうにょうかんしゅよう(英語表記)tumor of renal pelvis and ureter

世界大百科事典 第2版の解説

じんうにょうかんしゅよう【腎盂・尿管腫瘍 tumor of renal pelvis and ureter】

腎盂は広義には腎臓の一部であるが,発生学的には腎臓の実質とは異なり尿管と同一の由来である。したがって,ここに発生する腫瘍腎癌など腎実質の腫瘍とは性質を異にするため,腎盂尿管腫瘍として別にとりあつかうのが普通である。腎盂と尿管は膀胱と同じく,移行上皮と呼ばれる尿路系に特有な上皮細胞で覆われている。主としてこの上皮細胞から発生する腫瘍が腎盂・尿管腫瘍で,良性乳頭腫悪性がその大部分を占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android