コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎盂・尿管腫瘍 じんうにょうかんしゅよう tumor of renal pelvis and ureter

1件 の用語解説(腎盂・尿管腫瘍の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんうにょうかんしゅよう【腎盂・尿管腫瘍 tumor of renal pelvis and ureter】

腎盂は広義には腎臓の一部であるが,発生学的には腎臓の実質とは異なり尿管と同一の由来である。したがって,ここに発生する腫瘍も腎癌など腎実質の腫瘍とは性質を異にするため,腎盂・尿管腫瘍として別にとりあつかうのが普通である。腎盂と尿管は膀胱と同じく,移行上皮呼ばれる尿路系に特有な上皮細胞で覆われている。主としてこの上皮細胞から発生する腫瘍が腎盂・尿管腫瘍で,良性の乳頭腫と悪性の癌がその大部分を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腎盂・尿管腫瘍の関連キーワード鉱泉腎盂発生学陰核キドニー比較発生学腎結石症腎がんのいろいろ腎盂腎炎(腎盂炎)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone