腎盂・尿管腫瘍(読み)じんうにょうかんしゅよう(英語表記)tumor of renal pelvis and ureter

世界大百科事典 第2版の解説

じんうにょうかんしゅよう【腎盂・尿管腫瘍 tumor of renal pelvis and ureter】

腎盂は広義には腎臓の一部であるが,発生学的には腎臓の実質とは異なり尿管と同一の由来である。したがって,ここに発生する腫瘍も腎癌など腎実質の腫瘍とは性質を異にするため,腎盂尿管腫瘍として別にとりあつかうのが普通である。腎盂と尿管は膀胱と同じく,移行上皮と呼ばれる尿路系に特有な上皮細胞で覆われている。主としてこの上皮細胞から発生する腫瘍が腎盂・尿管腫瘍で,良性の乳頭腫と悪性の癌がその大部分を占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android