コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹毛類 ふくもうるいGastrotricha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹毛類
ふくもうるい
Gastrotricha

袋形動物門腹毛綱に属する動物の総称。後生動物中最も小さく,体長 0.1~0.5mm内外。体は左右相称で,紡錘形または徳利形。体表クチクラでおおわれ,棘毛,繊毛をもつものもある。消化管は直走し,口は前端に,肛門は後端に開く。卵割は螺旋型に近く,変態をしない。イタチムシ類とオビムシ類に大別され,前者は頸部が細く,胴部が太くなり,体後端が尾状に二叉するが,後者は体全体が帯状で頸部のくびれがない。ともに淡水,海水中にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくもう‐るい【腹毛類】

腹毛綱の袋形動物の総称。円筒状で体表にとげや刺毛を、腹面に繊毛をもつ。イタチムシなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹毛類
ふくもうるい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腹毛類の言及

【イタチムシ(鼬虫)】より

…腹面には縦に繊毛帯があって,これで移動する。腹毛類は海岸の砂泥中や池沼にすむ微小な虫で,大きなものでも体長は1.5mmくらいである。世界に約350種知られている。…

※「腹毛類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腹毛類の関連キーワード円形動物輪形動物