膏肓(読み)こうこう

精選版 日本国語大辞典「膏肓」の解説

こう‐こう カウクヮウ【膏肓】

〘名〙 (「こうもう」は誤読。「膏」は心臓の下の微脂。「肓」は膈(かく)の上の薄膜)
① 心臓と膈膜との間の部分。からだの中の奥深い所でここに病がはいると治らないという。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「割刳五蔵探百病、尋達膏肓之隩処
※浄瑠璃・浦島年代記(1722)三「左の肩口膏肓(カウコウ)迄すっぱと切る」
② 人体の経穴(けいけつ)(=つぼ)の名。脊椎の第四椎と第五椎との間で、背中から各三寸五分(約一〇・六センチメートル)のところ。
※中華若木詩抄(1520頃)下「只今も、大事の病に膏肓を灸することあり」

こう‐もう カウマウ【膏肓】

〘名〙 (「こうこう(膏肓)」の誤読が慣用化したもの) =こうこう(膏肓)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「膏肓」の解説

こう‐こう〔カウクワウ〕【××肓】

《「」は心臓下部、「肓」は隔膜上部
からだの奥深いところ。ここに病気が入ると治らないという。
漢方の経穴(けいけつ)の一。背中の第4胸椎下から、大人で約6センチの所。
[補説]「こうもう」は誤読

こう‐もう〔カウマウ〕【××肓】

こうこう(膏肓)」の誤読。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android