(読み)ひかがみ

精選版 日本国語大辞典「膕」の解説

ひ‐かがみ【膕】

〙 (「ひきかがみ(隠曲)」の変化した) ひざの後ろのくぼんでいるで、すわる時にひっこむ部分。よぼろ。うつあし。ひっかがみ。〔多識編(1631)〕

ひっ‐かがみ【膕】

〘名〙 (「ひきかがみ(隠屈)」の変化した語) =ひかがみ(膕)日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「膕」の解説

よほろ【×膕】

《「よぼろ」とも》ひざの裏側のくぼんだ部分。ひかがみ。
「八つ九つばかりなるをのこ子髪も―ばかりにて」〈宇津保・楼上上〉

ひ‐かがみ【×膕】

《「ひきかがみ」の音変化》ひざの後ろのくぼんでいる所。膝窩しっか。よぼろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android