コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シツ

デジタル大辞泉の解説

しつ【膝】[漢字項目]

常用漢字] [音]シツ(漢) [訓]ひざ
ひざ。「膝下膝行

ひざ【膝】

ももとすねとの境の関節部の前面。ひざがしら。「をすりむく」「まで水につかる」
座ったときの、ももの上側にあたる部分。「荷物をにのせる」
[下接語]片膝小膝擦(す)り膝立て膝突き膝回り膝諸(もろ)膝・両膝・割り膝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひざ【膝】

脚の、ももとすねをつなぐ関節の前面。ひざがしら。
ひざがしらの上の、ももの前面部。 「子供を-の上にのせる」 「 -枕」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひざ

下肢(かし)の大腿部(だいたいぶ)から下腿部に移行する中間部分をさすが、その範囲は明確なものではない。膝蓋骨(しつがいこつ)から3横指ほど上方の位置から脛骨(けいこつ)粗面の上縁の位置までを膝(膝部(しつぶ))と考えるのが一般的である。前側が前膝部、後側が後膝部である。前膝部の大部分は膝蓋骨が占めており、この部分を膝蓋(ヒザガシラ。解剖学では片仮名表記)とよぶ。後膝部には膝を曲げると顕著になる菱形(ひしがた)のくぼみがあり、膝窩(しっか)とよぶ(ヒカガミともいう)。膝窩には大腿動脈、大腿静脈が大腿前面から入り、膝窩動脈、膝窩静脈となる。このほか、膝窩には複数の神経、リンパ管が含まれている。膝の屈曲運動をする膝関節は、大腿骨と脛骨とで構成されている一軸性の蝶番(ちょうつがい)関節である。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

膝の関連キーワードシュレジンガー現象(徴候)シャイニング・ウィザード膝窩動脈・静脈変形性膝関節症子どもの膝内障片側の膝の痛みブーツカット側副靭帯損傷膝が抜けるひざがしら膝を屈するランナー膝膝を屈めるひざ(膝)膝を折る切り返し膝行三度膝が笑う膝関節膝坊主

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膝の関連情報