(読み)ゾウ

大辞林 第三版の解説

ぞう【臓】

体内の器官。はらわた。 「心しんの-」 「 -をもんでせられし異見は/浮世草子・子息気質」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう ザウ【臓】

〘名〙 体内の心臓・臓・腎臓・臓・(ひ)臓などの器官。内臓。五臓。はらわた。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「眼の抜け、ざうの尽きんを期に定めて大学の窓に光ほがらかなる朝は、眼も交はさずまぼる」
信長記(1622)一五上「宿主にいとまを乞、腹切、臓(ザウ)を活とつかみ出し」 〔漢書‐王吉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【臓腑説】より

…中国医学の基本的な概念の一つで,《素問》《霊枢》など,漢代の《黄帝内経》に由来するという書に記載され,その後これを中心にして発展した。臓と腑はもとは蔵と府と書かれていた。臓と腑も胸部と腹部の内臓であるが,臓は内部の充実した臓器で気を蔵し,腑は中空のもので摂取した水と穀物を処理したり,他の部位に輸送したり,体外に出したりするという区別がされている。…

※「臓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臓の関連情報