コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾウ

大辞林 第三版の解説

ぞう【臓】

体内の器官。はらわた。 「心しんの-」 「 -をもんでせられし異見は/浮世草子・子息気質」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【臓腑説】より

…中国医学の基本的な概念の一つで,《素問》《霊枢》など,漢代の《黄帝内経》に由来するという書に記載され,その後これを中心にして発展した。臓と腑はもとは蔵と府と書かれていた。臓と腑も胸部と腹部の内臓であるが,臓は内部の充実した臓器で気を蔵し,腑は中空のもので摂取した水と穀物を処理したり,他の部位に輸送したり,体外に出したりするという区別がされている。…

※「臓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

臓の関連キーワードアミロプシン腹膜のしくみ嚢胞性腎疾患バンティングアミロイド細網内皮系ホルモン剤保臓・烹雑小塚原観臓細網組織五臓六腑井原道閲六臓六腑小石元俊はらわた浮世草子山脇東門小杉玄適もつ料理橘南谿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臓の関連情報