コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臥雲日件録 がうんにっけんろく

4件 の用語解説(臥雲日件録の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

がうんにっけんろく【臥雲日件録】

相国寺の瑞渓周鳳の日記。七四冊(現存は一冊)。1446年から73年までの記録で、社会情勢だけでなく禅宗・学芸史料にも富む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

臥雲日件録【がうんにっけんろく】

臨済宗(りんざいしゅう)の京都相国(しょうこく)寺の僧である瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)の日記。書名は周鳳が〈臥雲山人〉と称したことにちなむ。現存するのは相国寺惟高妙安(いこうみょうあん)が1562年に抄録したものであるため,《臥雲日件録拔尤(ばつゆう)》ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がうんにっけんろく【臥雲日件録】

臨済宗相国寺の瑞渓(ずいけい)周鳳(臥雲と号す)の日記。1562年(永禄5)に同寺の惟高妙安によって抜書きされたもの1冊が現存する。その内容は元の日記の74冊までの分に相当し,1446年(文安3)から73年(文明5)に及ぶ。瑞渓は当時の代表的な学僧で,とくに義堂周信を慕い,その《空華日工集(くうげにつくしゆう)》にならって書いたもの。禅宗関係はもとより,日本史一般,とくに学芸史料が多く,貴重な記録とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臥雲日件録
がうんにっけんろく

室町時代の五山僧瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)の日記。日件録とは「其(そ)ノ行イヲ録スル事、日ニ百八件」という永明延寿(ようめいえんじゅ)伝に拠(よ)る瑞渓自身の命名。もとは、1446年(文安3)から73年(文明5)の彼の死の直前まで書かれた74冊があり、彼の寮舎にちなんで「北禅(ほくぜん)日件録」「寿星(じゅせい)日件録」などとよばれていたが、この原日記は散逸し、1562年(永禄5)に惟高妙安(いこうみょうあん)が抄出した『臥雲日件録抜尤(ばつゆう)』1冊としてのみ伝わる。瑞渓の別号「臥雲山人」に基づく呼称である。瑞渓は鹿苑僧録(ろくおんそうろく)として公武の要人と交渉が多く、『蔭凉軒日録(いんりょうけんにちろく)』中断期の史実を伝え、政治史、禅林史の史料としても貴重であるが、『抜尤』は五山の往時をしのぶ名僧・文筆僧の逸話や、当時の文芸活動に関する記事に焦点をあてている。ことに原日記表紙裏に瑞渓が記しておいた諸典籍からの章句の抜き書きは『抜尤』にも載せられ、五山学芸史上好個の史料を提供する。『大日本古記録』、『続史籍集覧』3に所収される。[田中博美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臥雲日件録の関連キーワード有馬頼底相国寺派瑞渓周鳳南洲寺維馨梵桂臥雲山人湖月瑞桂周鳳曇仲道芳綿谷周瓞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone