コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本古記録 だいにほんこきろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本古記録
だいにほんこきろく

日本歴史史料集。東京大学史料編纂所で編纂,刊行中。各時代の代表的な日記やその他の記録類を最良の底本を使って翻刻するもので,闕失した部分は,他の諸書に引用されている逸文を収集して復元し,厳密な校訂を施し,これに必要な傍注や見出しを加え,索引,解題がつけてある。 1952年に第1冊として『御堂関白記』 (上巻) を刊行。以後『新井白石日記』 (2冊) ,『江木鰐水 (がくすい) 日記』 (2冊) ,『後二条師通記』 (3冊) ,『小右記』 (6冊) ,『猪隈関白記』 (1冊) など既刊 60冊。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいにほんこきろく【大日本古記録】

史料集。東京大学史料編纂所編。昭和27年(1952)以降刊行中。各時代の代表的日記などの古記録を翻刻・校訂し、傍注や頭注を加えたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大日本古記録【だいにほんこきろく】

明治以前の主要な記録(主に日記類)の叢書。正式呼称は〈だいにっぽんこきろく〉という。東京大学史料編纂所編。〈大日本史料〉の編纂事業が進められる過程で,各時代の主要な日記・古記録の整理・刊行が望まれるようになり,1952年刊行が開始された。
→関連項目梅津政景日記上井覚兼日記言経卿記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんこきろく【大日本古記録】

明治以前の日記のうち,主要なものを校訂出版した叢書。東京大学史料編纂所編。1952年刊行開始。現在も刊行継続中。史料編纂所では《大日本史料》の出版を長年継続しているが,この事業を行ううちに,各時代の主要な日記その他の古記録の整理・刊行が望まれるようになった。第2次世界大戦中から準備されたこの企画は,戦後,既刊書のある日記でも,新しい善本や大幅な追加を要する部分が出現した場合には,積極的に採り上げることとし,藤原道長の《御堂関白記》から出版を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいにほんこきろく【大日本古記録】

東京大学史料編纂所編の史料集。主要な日記や古記録を翻刻、頭注・傍注を施し索引も添える。1952年(昭和27)以降刊行中。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本古記録
だいにほんこきろく

東京大学史料編纂所(へんさんじょ)が編纂している日本歴史の史料叢書(そうしょ)。各時代の代表的な日記その他の古記録を集める。同所が『大日本史料』『大日本古文書』などに加えて、1952年(昭和27)より刊行を開始した。自筆原本か、そうでなくても最良の底本によって厳密に校訂し、逸文などをも収め、できる限りの復原を図る。人名・地名に傍注を施し、内容の見出しを上部欄外に標記し、巻末に解題や索引などをつけている。岩波書店発行。既刊分は時代順に、『貞信公記(ていしんこうき)』、『九暦(きゅうれき)』、『小右記(しょうゆうき)』、『御堂(みどう)関白記』、『御二条師通記(ごにじょうもろみちき)』、『殿暦(でんりゃく)』、『猪隈(いのくま)関白記』、『民経記(みんけいき)』(未完)、『後愚昧記(ごぐまいき)』(未完)、『建内記(けんないき)』、『臥雲日件録抜尤(がうんにっけんろくばつゆう)』、『蔗軒(しゃけん)日録』、『上井覚兼(うわいかくけん)日記』、『言経卿記(ときつねきょうき)』(未完)、『梅津政景(うめづまさかげ)日記』、『新井白石(あらいはくせき)日記』、『江木鰐水(えぎがくすい)日記』である。今後『岡屋(おかのや)関白記』『二水記(にすいき)』などの刊行予定がある。[菅原昭英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大日本古記録の関連キーワード斎木 一馬臥雲日件録三条公忠後愚昧記藤原師通貞信公記藤原忠実蔗軒日録史料大成民経記建内記殿暦九暦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android