コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空華日工集 くうげにっくしゅう

3件 の用語解説(空華日工集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空華日工集
くうげにっくしゅう

南北朝時代の禅僧詩人義堂周信 (ぎどうしゅうしん) の日記。正称は『空華日用工夫略集』または『空華老師日用工夫集』。 10巻。正中2 (1325) 年の誕生から元中5=嘉慶2 (88) 年の晩年にいたるまでの日記の要点を抄出したもので,その生涯を知るのに便利なばかりでなく,当時の禅宗の様相および将軍足利義満の行状や室町幕府の政治を知るうえに有益で,貴重な史料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くうげにっくしゅう【空華日工集】

五山の禅僧義堂周信(号は空華)の日記。広本48巻はすでに失われ,現存するものは略本4巻の《空華日用工夫略集》である。その内容は,1325年(正中2)義堂の誕生から88年(元中5∥嘉慶2)の没年に至る64年間の日記の中から,要点を抄出したものである。略本の撰者は明らかでないが,義堂自身が年譜編纂の準備として,《空華日工集》から材料を抄出しておいたものを,没後門弟らが作成したものであろうといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空華日工集
くうげにっくしゅう

南北朝時代の五山僧義堂周信(ぎどうしゅうしん)の日記。義堂自らは、日々の自省を込めて「日用工夫集(にちようくふうしゅう)」「日工集」と称していたが、これに彼の別号空華道人にちなむ2字が冠せられたものである。全体で48冊あったが、早く散逸し、現在は抄出本『空華日用工夫略集』4冊として伝えられる。記事は義堂誕生の1325年(正中2)から死去の88年(元中5・嘉慶2)に及ぶが、日記らしい体裁を備えているのは67年(正平22・貞治6)3月からであり、それ以前と死去直前の部分は、年譜作成のためになされた追記であろう。崇光(すこう)上皇はじめ将軍足利義満(あしかがよしみつ)、関東管領(かんれい)足利基氏(もとうじ)・氏満(うじみつ)また二条良基(にじょうよしもと)、斯波義将(しばよしまさ)など、広く公武の要人と交わりがあり、禅宗史のみならず、政治・社会・文化に関する貴重な史料で、ことに鎌倉の模様を伝える史料として重要である。また彼の該博な学識を表す内外典の記事は、当時の五山禅僧の教養の最高水準を示している。刊本として辻善之助編『空華日用工夫略集』(1939・太洋社)。[田中博美]
『玉村竹二著『日本禅宗史論集 下之一』(1979・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone