コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動プログラミング(読み)じどうぷろぐらみんぐ

百科事典マイペディアの解説

自動プログラミング【じどうプログラミング】

コンピューターのプログラミングを容易かつ能率的にするための技法。プログラミングを直接機械に入力可能な機械語アセンブリー言語低水準言語)で行わず,一般の人の使用しやすい形のプログラミング用言語(高水準言語)を用いて行うこと。現在は人間のやりたいことをモニターと対話し,メニューの選択などの指示により,その内容をコンピューターが理解し,プログラミングを行ってくれることまでを意味する。人間とコンピューターのこのようなインターフェースを実現するソフトウェアの開発は,システムエンジニア,プログラマーの不足に対応し,コンピューター普及のキーとなっている。
→関連項目ALGOLCOBOLFORTRAN

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動プログラミング
じどうプログラミング
automatic programming

数値制御工作機械 (NC工作機械) を動かすために,作業情報を記述したプログラムをコンピュータを用いて作成すること。 NC工作機械は指令データが入力されて初めて作動する。この指令データはパートプログラムと呼ばれ,加工図面に基づいて使用する工具,工具の経路と順序,加工速度などがプログラムされる。加工図面が単純な場合には人の手でプログラムするが,複雑な場合にはコンピュータによる自動プログラミングを行う。一般に自動プログラミングは,上記のパートプログラムに加えて,一般的な CLデータ (cutter location data) を出力するメインプロセッサプログラムと,これを,使用している NC工作機械に適合させるポストプロセッサプログラムとから成り立っている。自動プログラミング言語にはAPT,EXAPTなどがある。 (→NC )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動プログラミングの関連情報