コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動鋳植機 じどうちゅうしょくき

2件 の用語解説(自動鋳植機の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

自動鋳植機【じどうちゅうしょくき】

活字を鋳造しながら同時に活版を組んでいく機械の総称で,モノタイプライノタイプのような行塊鋳植機との2種がある。字数の少ない欧米で,19世紀末から発達した。日本ではモノタイプ式のものが普及していた。
→関連項目製版母型

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じどうちゅうしょくき【自動鋳植機】

活字を自動的に選び,鋳造し,版に組む機械。和文鋳植機と欧文鋳植機とに分けられ,さらに鋳造される活字が1個ずつのモノタイプMonotypeと,1行が一塊となって鋳造されるライノタイプLinotypeとに分けられる。活版は活字の手拾い(文選)と組み(植字)の手作業に依存しているので,活字を鋳込みながら組んでいく機械が要求されていた。和文用の鋳植機は欧文用のものに比べて,はるか遅れて実用になり,またその性格から行鋳植機はなくて,いわゆるモノタイプだけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自動鋳植機の関連キーワードトランスファーマシンモノタイプオートマチック活字体自動火器鋳植機四つに組む連字六号活字自動ぶろ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone