コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自墾地系荘園 ジコンチケイショウエン

3件 の用語解説(自墾地系荘園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じこんちけい‐しょうえん〔‐シヤウヱン〕【自墾地系荘園】

天平15年(743)の墾田永年私財法により、中央貴族や寺社などが、未墾地を自力で開墾して私有地とすることによって成立した荘園墾田地系荘園。→寄進地系荘園

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自墾地系荘園
じこんちけいしょうえん

荘園」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自墾地系荘園の関連キーワード自衛隊イラク派遣餃子の王将彩都餃子の王将東京牛乳鎮西鎮西府洞元湖佐渡国不輸不入

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone